酒文化ニュース > 日本酒酒造メーカー
日本酒酒造メーカー : 宮崎県産酒米「はなかぐら」での醸造?
投稿者 : suichokai 投稿日時: 2014-01-12 11:08:47 (829 ヒット)

宮崎県県産酒米「はなかぐら」での日本酒醸造のニュースです。

<読売新聞 宮崎版よりの転載>

農事法人と千徳酒造が日本酒開発 3日で完売

延岡市の千徳酒造(門田賢士社長)と、高原町の農事組合法人「はなどう」(黒木親幸代表理事)が共同開発した日本酒が完成し、「穂倉千徳」と名付けて販売を始めた。生酒と純米酒を醸造。いずれも好評で、生酒は1000本が3日間で完売したという。(阪東峻一)
はなどうは米や大豆、麦などの生産に取り組む一方で、2009年から農産物直売所「杜(もり)の穂倉」を運営、農産物やみそ、ドーナツなど20種類の加工品を販売している。また、都城市の柳田酒造や延岡市の宮崎ひでじビールに原料を提供、麦焼酎や地ビールを共同開発してきた。
黒木代表理事は「焼酎が好まれる宮崎で、新しい日本酒を造ってみたい」と考え、昨年、県内唯一の清酒専業メーカー・千徳酒造と共同開発を開始。県産酒米「はなかぐら」を高原町の水田50アールで栽培し、10月に稲刈りした。

精米後、千徳酒造で仕込み、生酒1000本と純米酒2000本(ともに4合)、一升瓶の純米酒100本を製造。12月25日から杜の穂倉と千徳酒造で販売を始めた。
丁寧な米作りなどが注目を集め、生酒は昨年中に売り切れた。4合の純米酒は300本、一升瓶は20本程度が残っているだけという。門田社長は「米のうま味が出て、香りに特徴がある。刺し身でも、こってりした料理でも合う」と話し、黒木代表理事は「反響の大きさに驚いている。米の栽培から仕込みまですべて県内で行った宮崎の酒」と胸を張る。酒かす(200グラム)も200円で売っている。

来季は酒米の生産量を倍に増やして酒造りを行うという。問い合わせは千徳酒造(0982-32-2024)か、杜の穂倉(0984-42-1839)へ。(2014年1月12日 読売新聞)

<転載、以上>


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
公界カレンダー
前月2018年 9月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<今日>