投稿者 : KKousaka 投稿日時: 2010-12-07 10:02:08 (1033 ヒット)

「花と火の帝」関連のコンテンツにある『古今伝受』の記事を更新しました。
隆慶会会員の方は、ログインしてご覧いただくことができます。


投稿者 : KKousaka 投稿日時: 2010-12-06 03:57:56 (824 ヒット)

2011年1月29日から30日にヤクルトホールにて開催される「アムネスティ・フィルム・フェスティバル」
その2日目、30日の最後に「TOKYOアイヌ」が上映されることになりました。
16:30からは、アイヌの歌や舞踏などのイベントもあるようです。上映詳細は、こちらからご覧ください。


投稿者 : KKousaka 投稿日時: 2010-10-04 00:16:52 (854 ヒット)

埼玉35酒蔵 大試飲会
〜ひやおろし・燗酒・各蔵自慢の地酒のお酒飲みくらべ〜

会場:大宮ソニックシティ(第1展示場)
日時:平成22年10月5日(火)
当日参加大歓迎

イベント内容:
ひやおろし・燗酒 各蔵自慢旬の酒飲みくらべ!(埼玉県すべての酒の試飲ができます)

スケジュール:
第1部●酒販店様及び飲食店様    
14:30〜15:30
*名刺をご持参下さい。
第2部●一般消費者様(参加費500円)
*割引券あり
埼玉酒造組合の公式サイトにあるイベント情報ページの割引券をプリントアウトして当日ご持参ください) 
16:00〜19:00

*車でのご来場はご遠慮下さい。
*未成年者(20才未満)の方の入場はできません。
*つまみ等の持ち込みは固くお断り致します。
*当日12時30分より全国きき酒選手権埼玉県大会を開催します。


投稿者 : KKousaka 投稿日時: 2010-10-03 22:38:06 (829 ヒット)

「読売新聞より転載」
江戸前期の1673年(延宝元年)に創業した福井県大野市の酒造会社「源平酒造」(久保孝次社長)が、地裁から破産手続きの開始決定を受けたことがわかった。

全国的に「日本酒離れ」が進む中、売上高の減少に歯止めがかからず、借入金が経営を圧迫した。国内市場は右肩下がりでしぼみ続け、日本酒業界はかつてない危機に直面している。

破産管財人の八木宏弁護士によると、申し立ては29日付で、負債総額は約1億2,000万円。全国新酒鑑評会で金賞を受賞したこともある老舗だが、20年以上前のピーク時に約1億5,000万円だった売上高が、昨年9月期は約6,500万円に落ち込んだ。今後は県内外からスポンサーを募るといい、八木弁護士は「『源平』ブランドを最大限生かしながら、経営再建に取り組みたい」と話した。

経営破綻の背景には、日本酒の需要減少がある。国税庁の統計では、2008年度の国内販売量は63万1,000キロ・リットルと、過去10年間で約4割減った。価格が手頃な焼酎の売れ行きが好調な一方、日本酒は若者に人気がないことや、比較的愛飲家の多い「団塊の世代」の大量退職などで低迷している。

県酒造組合(福井市)によると、80年代に約60社だった加盟業者数は現在36社。福井市内で酒店を経営する男性(62)は「自分で飲むために日本酒を求める若い顧客はほとんどおらず、土産用に買う程度。日本酒メーカーはどこも厳しいと思う」とため息をついた。
県内のある酒造会社は顧客開拓のため、梅酒やゆず酒など、日本酒ベースのリキュールを数年前に発売した。狙いは当たったものの、消費者が利き酒会で手に取るのはリキュールばかりで、日本酒は「数十人に1人」という。男性社長は「高品質の日本酒を造り続けても、通用するのは5年、10年先までかも」と漏らす。
少子高齢化が進めば、さらに市場規模が縮小する恐れもある。日本酒造組合中央会(東京)の小野博通理事は「日本の食文化を支えてきた日本酒の灯を、何としても守らないと……」とつぶやいた。(高橋健太郎、久米浩之)、2010年10月3日10時00分 読売新聞)
 


投稿者 : KKousaka 投稿日時: 2010-10-03 12:52:48 (1178 ヒット)

【苫小牧民報から転載】

白老町のアイヌ民族博物館の2010年度上半期(4〜9月)の入館者数は13万406人と、前年同期を11%上回った。

 国内8万4559人(前年比4%減)、海外4万5847人(57.8%増)の内訳。海外の入館者を国別で見ると、韓国が2万6925人(67.3%増)でトップ。シンガポール9432人(55.5%増)、マレーシア2180人(281.1%増)、中国1941人(53.8%増)の順。

 海外は大幅増となったが、前年同期に新型インフルエンザが流行し、世界的に渡航が手控えられたことの反動とみられる。ただ、08年度同期との比較では、国内・海外合わせて約1万人少ない。

 博物館は09年度、入館者が初めて20万人を割り込み、過去最低を記録(19万5383人)。10年度も厳しい経営状況に変わりは無いが、解説版の多言語化や職員向けの語学研修導入などホスピタリティーの向上を図っており、「最終的に何とか20万人台を回復したい」と話している。

【実質的には、減と考えてもいいような状態では?】
確かに不況の影響もあるが、特に国内からの訪問者の少なさが悲しい。


« 1 ... 3 4 5 (6) 7 8 »
公界カレンダー
前月2018年 11月翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<今日>