風骨ブログ - 最新エントリー

日本酒飲み放題の店が浅草に?

カテゴリ : 
酒日記
執筆 : 
KKousaka 2015-10-1 11:55
既に、池袋に登場していた店の二号店が浅草に出店したらしい。 店名は、「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」で、100種の中から自由に選んで飲めるという嬉しい話だが、前金として、3,000円(酒代のみ)を払う。 食べ物は、料理の持ち込み自由ということで、この3,000円は酒代のみ。 まあ、酒だけで3,000円なら、可能かも…。 どんな酒が並んでいるかを見るだけでも楽しいかもしれない。 ■上記、記事は、浅草経済新聞の記事を読んで記載。 浅草経済新聞の同記事は、こちらから、ご覧ください。

寺田寅彦氏の随筆選「天災と日本人」を読む

カテゴリ : 
雑感
執筆 : 
KKousaka 2015-2-16 20:13
もっと前に読めなかった自分を反省するとともに、この文庫本が評判にならなかったことに不安が増すばかり。
三連休の最終日は、中野で、かねてより飲もうと思っていた「雨後の月・純米大吟醸・愛山」を飲むことができました。愛山だからという味は、十分には感じられないまま、大吟醸の洗練されたバランスに十分に酔うことができました。

八反錦の特別純米「宝剣」は、、八反錦らしい純米。最近評判の栃木の「仙禽」の雄町は、さすがに酸味とバランスの良い酒でした。ゆっくりと酔いを満足できた夜になりました。感謝。

「街場の教育論」を再読中!

カテゴリ : 
雑感
執筆 : 
KKousaka 2014-6-28 15:36
久し振りに「街場の教育論」を手に取ってみて、その後の教育の現状を考えるにつけても、これを読んだ教育関係者はどうしているのやら、という気分。

少なくとも阿部首相は読んでいないと確信できるね。
マイナビニュースによると<以下に記事を転載します>

東京商工リサーチはこのほど、日本酒「美少年」を製造していた清酒メーカー・火の国酒造(熊本県・熊本市)が2014年5月2日、熊本地裁に破産を申請し、同20日に破産開始決定を受けたと発表した。破産管財人は建部明弁護士。

同社は1879年創業の清酒メーカー。日本酒「美少年」を看板商品として、美少年酒造の社名で地場トップの清酒生産量を上げ、ピークの1996年9月期には25億3,125万円の売上高を計上していた。しかし、消費者の嗜好の変化などで徐々に清酒需要が落ち込み、2008年9月期の売上高は13億445万円にまで減少し、収益も悪化していた。

こうしたなか、2008年9月に事故米を不正転売していた三笠フーズから原料仕入れを行っていたことが表面化。自力再建が困難となり、2009年4月16日に熊本地裁へ民事再生法の適用を申請した。

その後、支援企業としてエヌ・エル・エー他数社が決定。2009年10月には火の国酒造に商号を変更し、経営再建を進め、2013年1月に再生定続きを終了していた。しかし、この間も旧債を抱え経営は厳しく、同年8月にエヌ・エル・エーが出資する美少年へ事業を譲渡し、事実上営業実態がなくなっていた。

負債総額は、破産申請時では約11億5,000万円だが、民事再生開始決定後に新たに発生した債務は約5,000万円となる。

<転載は、以上です>

民事再生開始決定後に新たに5,000万円の債務発生とは、どんな事態なのか?経営再建にいたる民事再生手続きの意味をよく考える必要がある。
北海道でも多くの醸造好適米が生産されているようです。

<北海道新聞より、転載>

北海道産の酒米「きたしずく」が急成長 寒さに強く収穫昨年の9倍に(06/02 06:50、06/02 07:46 更新)

【新十津川】道産酒造好適米(酒米)の新品種「きたしずく」の栽培が、今年から一気に広がる。収穫量は試験栽培だった昨年の約9倍になる見通しだ。寒さに強く、加工もしやすいのが特長で、醸した酒は既存の「吟風」「彗星(すいせい)」とは異なる味わい。道内の酒蔵や酒販店の関係者から、「第3の道産酒米」に熱い視線が注がれている。

酒米生産で全道一を誇る空知管内新十津川町。5月下旬の週末、地元の酒蔵「金滴酒造」のファンである全道の飲食店関係者ら25人が、町内の水田で田植えをした。ピンネ酒米生産組合(17戸)の3戸が今年、16.9ヘクタールを作付けする酒米「きたしずく」の苗だ。

 田植えに参加した、ススキノで道産酒バーを経営する鎌田孝さん(53)は「吟風は芳醇(ほうじゅん)、彗星は淡麗、きたしずくはその中間。道産日本酒の未来に欠かせない品種」と力説した。

道立総合研究機構中央農試によると、きたしずくは「吟風」に、主に岡山県で栽培されている酒米「雄町(おまち)」と一般食用米「ほしのゆめ」を掛け合わせた品種で、2002年に誕生した。米粒が大きいため、雑味を生む外側を削りやすい上、でんぷんが豊富な中心部の「心白」も大きく、酒造りに向いている。今年は冷夏の予想だけに、寒さに強いという品種の真価が早くも問われるかもしれない。(滝川支局 石田礼)<北海道新聞6月2日朝刊掲載>

<転載、以上>

雄町と食用米「ほしのゆめ」を掛け合わせた品種とのこと。どんどん誕生する新醸造好適米というところでしょうか。
「日本酒がうまい!」推進委員会を組織する京都、兵庫の11の大手酒造メーカーのイベントはどうもピンとこない

「梅田のゆかた祭りに連携すれば、お客も多く来場するだろう」
「ミス日本酒も参加して」
「イベント会場に大きな仕掛けをすると評判になるかも」

大体、予想される範囲のイベント企画なのが、いつものこと。
地域の風土文化を発信する=地域の商業イベント(ほとんどが広告代理店などのからむ、本質的な地域風土文化というよりは全国でパターン化した商業イベントがほとんどのため、地域性よりは、金太郎飴のような並列のイベント)

何故、日本酒をロックで?
などという疑問に風土性や地域性、日本酒文化をより歴史的に発展させるという工夫もなく、より多く飲んでもらいたいといった安直な発想が見え隠れする。
どうして、風土文化としての日本酒文化を自分たちで低めてしまうのだろうか?洋酒、欧米文化への憧れから生まれたサントリーの「洋酒天国」などの嘗ての広告宣伝も全面的には否定できないにしても、その当時のウヰスキーを核とした欧米の飲酒文化とその文化を形成した欧米文化の発見という一点では、観る価値もあったのだが…。

日本酒文化を日本食が世界文化遺産となったのに合わせてと銘打つイベントとしては、あまりにも自らの文化を理解できていない。

何故、京都、兵庫で日本酒文化が育ったのか?ひいては、その土地ならではの日本酒の飲酒文化を日本のどの地域にも増して、丁寧に、詳細に紐解き、日本文化の中で位置づける努力=そうした活動を具体化するものとしてのイベント創造という構造なくしては、文化育成への将来がない
と考えるのは、私だけ???単独メーカーでないからできるのは、その規模だけでなく、内容という発想に至って欲しいものです。

一応、このフェスティバルの飲み方、飲食文化提案をご紹介します。こちらから、ご覧いただけます。
是非、地域文化を発信しているかを判断してみてください。基本、夏の日本酒飲み方販売促進の域を出ることはありません。日本酒造組合中央会でやって欲しいことを京都、兵庫が替わりにやりましたということでしょう。
官民上げての電子書籍環境づくりをなんとなく不思議なもののように感じていた小生にとって、是非、多くの人に読んでほしい。一文です。

こちらのWiredでご覧いただけます。
四国新聞の12月18日付の記事で

日本酒ブームで海外販路拡大へ/県内酒造各社
を見て、日本酒メーカーも大したものと思っていると、同ニュースにあった綾菊酒造が全株売却というニュースが5月11日付で飛び込んできた。購入先がそのまま日本酒ブランド「綾菊」の継承と全従業員も雇うとのことらしい。

要は、海外販路拡大への体力として、そのノウハウと資本力のおおきい先が乗り出すということなのだろう。確かにマーケティングも重要だが、製造技術などの継承、発展がおろそかにならないことを期待したいもの。



<海外販路拡大のニュースを四国新聞より、転載>


日本酒ブームで海外販路拡大へ/県内酒造各社
2013/12/18
香川県内酒造各社は海外市場へ販路拡大を図っている


 香川県内の酒造会社が海外市場での販路開拓を強化している。国内需要の落ち込みを、日本酒人気が高まる海外で補う戦略。既に販路を確立している企業もある中、輸出量を3年後に現在の3倍まで引き上げようとPRに取り組む企業も。ほかにも複数の酒蔵が海外での販路拡大を模索しており、海外市場を見据えた動きが活発化しそうだ。

 国税庁によると、日本酒離れで清酒の国内消費量は年々減少。2011年度は約60万キロリットルで10年前の6割程度に低下したが、輸出量は約1万4千万リットルと、この10年で倍増している。

 香川県内にも精力的に輸出する企業がある。県内酒造トップの西野金陵(高松市)は、約30年前に海外への販売を開始。年間製造量は一升瓶約70万本分で、このうち約500本分を香港やアメリカ、シンガポールに輸出する。「海外の和食ブームで、今後は和食に合う日本酒の注目度もより高まる」と期待を寄せる。

 海外の日本酒ブームに乗り、販路拡大を目指すのは川鶴酒造(観音寺市)。現在はニュージーランドやイギリス、香港に販路を持ち、地元特産のオリーブやいりこを使ったリキュールの輸出も検討中。3年後には全製造量に占める輸出の割合を現在の2.5%から8%に高めたい考えだ。

 小豆島唯一の酒蔵の森国酒造(小豆島町)は、過去にアジア圏への輸出が価格面で折り合わず、新たな販路を欧州に求める。今年8月にはイギリスで開かれた日本酒の品評会で銀賞を受賞。フランスやオーストラリアから問い合わせが増えており、池田亜紀社長は「今後は欧州での販売に力を入れたい」とする。

 このほか、勇心酒造(綾川町)は地元産の古代米を使った低アルコール飲料を注文に応じてフランスやベルギーへ輸出、新たにシンガポールでの販路開拓を目指す。綾菊酒造(同町)も香港で開かれる物産展への出品準備を進めている。

【全株売却のニュース】

綾菊酒造、全株売却へ/ブランドは継承
2014/05/11


日本酒メーカーの綾菊酒造(香川県綾川町)が、酒類や食品の製造販売などを手掛ける飯田グループ(大阪府)に全株式を売却し、事業を譲渡する方針を固めたことが10日、分かった。近年、日本酒の需要低迷などで売り上げが減少しており、新体制の下で経営の立て直しを目指す。綾菊ブランドは継承される見通しだ。

 綾菊酒造は、県内の五つの蔵元が合併し、1945年に設立。清酒「綾菊」の醸造元で、「国重」は全国新酒鑑評会で13年連続金賞を受賞するなど醸造技術の高さには定評がある。

 しかし、消費者の日本酒離れで、酒造をメーンとした経営は厳しく、売り上げはピークだった1981年の約12億円から約4分の1にまで低下。売り上げの減少で新たな投資もままならない状態となっていた。後継者がいないことなどもあって事業譲渡先を探す中、酒類関連の幅広い事業を展開する飯田グループの傘下となることで経営を再建し、綾菊ブランドを維持、発展できると判断したもようだ。

 綾菊酒造は週明けにも全株式を飯田グループに売却する予定。寺嶋吉太郎社長ら現経営陣は退き、社長を含めた新たな経営陣を飯田グループから迎える。売却金額は非公表。

 飯田グループは綾菊酒造の社名を継承。「綾菊」や「国重」などの商品の製造販売もそのまま続ける方針。約15人の従業員の雇用も引き継ぐという。

 飯田グループは1923年創業。大阪府八尾市を拠点とし、関西を中心に酒類や食品の製造販売のほか、飲食店経営などを手掛ける。近年は地方の酒類関連企業の買収も積極的に進めている。2013年2月期の売上高は755億円。

<転載、以上>