風骨ブログ - 小金井での三多摩問題調査研究会の歴史と変遷を知るのための文献調査

小金井での三多摩問題調査研究会の歴史と変遷を知るのための文献調査

カテゴリ : 
風土知研究 » 「話を聞く、読む、見る」プロジェクト〜風土知育成の卵〜 » 話を聞くための準備活動
執筆 : 
KKousaka 2018-11-13 8:39
三多摩問題調査研究会の歴史調査の過程で、わかってきた昭和40年代からの東京都の緑保全活動を調べるために日比谷公園にある「みどりの図書館」を訪問してきました。
時間が無く、30分でのとんぼ返りのため、同日開催されていた観光菊花展を横目で見ながら(時間があったら、見たい展示会でした)
図書館に向かいました。




図書館は、資料・文献検索システムも完備した素晴らしいもので、学芸員の応対も丁寧で関心しました。ただ、やはり探していた「みどりの監視員制度」についての資料は、「みどりの監視員便り」の古いものがあったものの、第15号と昭和52年のものがもっとも古く、それ以前のものは保存されていないという話でした。15号と16号のみを複写してもちかえり、調べてみるつもりです。同時にみどりの監視員アンケート報告もみつかり、複写しました。

時間があれば、じっくり全部を読み込んでもみたいのですが、残念でした。
気がついたのは、現状は、東京都の環境局の緑化推進室の資料なのですが、当時の資料のクレジットは、東京都公害局自然管理保護部なのが印象的でした。こうした自然保護、緑化活動の発端を見たような気がしました。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.ku-gai.com/modules/d3blog/tb.php/55