• カテゴリ 最近の話題から の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

風骨ブログ - 最近の話題からカテゴリのエントリ

以前、「獺祭」での遠心分離機利用を聞いたときは、あまり良く理解できなかったものの、改めて、圧搾での利用らしいと聞いて、試飲してみたくなった。
ただ、北雪は、本来の新酒「立春大吉」を飲んだこともないので比べようもなく、一般酒での利用を待つことに…。

以下に読売新聞よりの記事を転載します。

<転載部分>

香り保持し、品質も一定…遠心分離機で新酒づくり

新潟県佐渡市の酒造会社「北雪酒造」は4日から、全国でも珍しい遠心分離機を使った新酒を市内で限定販売する。機械の開発者を招いて始めた品質改革の一環で、ほかの商品に利用することも検討している。

同社は昨年春、遠心分離機を開発した秋田県醸造試験場の田口隆信さん(61
)が定年退職したのを機に、製造部最高顧問として迎え入れ、導入に取り組んできた。
酒造りの終盤の工程である、酒の元のもろみを搾る「圧搾」の作業で機械を利用することで、「大気中に放出されてしまうフルーティーな香りを保持し、品質も一定に保てる」(田口さん)という。

田口さんが開発した機械は、第1号として山口県岩国市の「旭酒造」の「獺祭(だっさい)」の製造に導入され、日本酒好きの間で話題を呼んだ。以来、全国十数社で導入され、県内でも2 社が利用している。
北雪酒造の遠心分離機は、昨年10月に稼働し、1日で4合瓶(720ミリ・リットル)を200本ほど製造できる能力を確保したという。そこで今回、立春の4日に毎年瓶詰する縁起物の新酒「立春大吉」に初めて利用することにした。

「立春大吉」は4日、600本が瓶詰される予定で、同社と、佐渡市内の小売店業者らでつくる「佐渡北雪会」加盟の11店舗で限定販売される。720ミリ・リットル入り1本1,500円(税込み)。予約・問い合わせは、同会事務局(0259-87-3105)へ。(2014年2月3日 読売新聞)

<転載、以上>
新聞記事から ウタリ協会元理事長が死亡 自宅が全焼 新ひだか(01/15 21:08) 15日午前5時45分ごろ、新ひだか町静内真歌、秋田春蔵さん(83)方から出火、木造モルタル2階建てをほぼ全焼し、1階居間の焼け跡から秋田さんの遺体が見つかった。北海道アイヌ協会によると、秋田さんは同協会の前身の北海道ウタリ協会元理事長。 静内署によると、秋田さんは1人暮らし。死因は一酸化炭素中毒で、出火原因を調べている。 秋田さんは2001年8月から、2004年5月まで理事長を務め、アイヌ民族差別の撤廃運動に尽力した。隣家の住人が火災に気付き119番したという。 <記事以上> 秋田さんのご冥福をお祈りしたいと思います。