風骨ブログ - KKousakaさんのエントリ

六部塾開講に向けて、聞き書きプロジェクトで開始した資料づくりと環境づくりを設計段階まで進めました。
詳細は、http://www.ku-gai.com/modules/fuudo/index.php?cat_id=193
をご覧ください。
まあ、ほとんど反応はないと思いますが、意志表示として、シニアに会員サイト「シニア・ナビ」に六部塾のサークルを作成してみました。
もちろん、シニア・ナビの会員のみ参加できるものですが、ぼちぼち投稿してみたいと思います。
シニア・ナビは、こちらから、ご覧ください。
久しくおじゃましていなかった吉祥寺の蕎麦屋「中清」。 期待通りの酒の肴をあてに、今日は、石川県に絞って飲もうと思っていたので、天狗舞の山廃純米と加賀鳶の純米を飲んだ。純米吟醸、大吟醸と騒がれるが、毎年、同じ蔵の純米を楽しむというのも中々いいものだと思う。 今年は?と期待して、口に運ぶ楽しみとでもいうのだろうか。ゆっくり飲める店が少なくなった中で貴重な一店といえる。
宮崎、高畑両氏の聞き書き市のを計画して、高畑氏は、準備として「ユーリ・ノルシュテイン」「フレデリック・バック」などの作品や高畑氏の随筆などを入手して勉強中の矢先のことでした。
やっぱり、早く準備し、お願いしておくべきだったと悔やんでも悔やみきれない現実です。
ますますこのプロジェクトを積極的に進め、実行していかなければならないことを実感させられました。
聞き書きプロジェクト「学習プログラム設計」の準備活動を始めました。
多世代間のコミュニケーションを創りだすための「聞き書き」には、話を聞くための条件として、「聞く側と聞かれる側という二つの世代間の知の差」を埋める、近づける工夫が準備段階で必要です。そのために聞く側の準備学習が欠かせません。

聞き書きの準備には、どんな学習が事前に必要かを設計するための試みを進めています。実際に「仮の準備(資料収集、文献学習)」をして、その効果を実際の聞き書きを通じて検証していきます。また、同時にこの活動への理解を各業界のトップにしていただけるようにしていく予定です。

第一期は、昭和30年代からの創業企業として「金澤建設」、40年代以降として、「小嶋工務店」の会長に聞き書きを試みました。
毎年、公益社団法人 米国安定供給確保支援機構が報告している。県別のコメの作付け動向にある「醸造好適米」の資料を以下にアップしました。醸造好適米も増えたものだと感心します。

http://www.ku-gai.com/modules/torimizu/index.php?content_id=57

日本酒飲み放題の店が浅草に?

カテゴリ : 
酒日記
執筆 : 
KKousaka 2015-10-1 11:55
既に、池袋に登場していた店の二号店が浅草に出店したらしい。 店名は、「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」で、100種の中から自由に選んで飲めるという嬉しい話だが、前金として、3,000円(酒代のみ)を払う。 食べ物は、料理の持ち込み自由ということで、この3,000円は酒代のみ。 まあ、酒だけで3,000円なら、可能かも…。 どんな酒が並んでいるかを見るだけでも楽しいかもしれない。 ■上記、記事は、浅草経済新聞の記事を読んで記載。 浅草経済新聞の同記事は、こちらから、ご覧ください。

寺田寅彦氏の随筆選「天災と日本人」を読む

カテゴリ : 
雑感
執筆 : 
KKousaka 2015-2-16 20:13
もっと前に読めなかった自分を反省するとともに、この文庫本が評判にならなかったことに不安が増すばかり。

「街場の教育論」を再読中!

カテゴリ : 
雑感
執筆 : 
KKousaka 2014-6-28 15:36
久し振りに「街場の教育論」を手に取ってみて、その後の教育の現状を考えるにつけても、これを読んだ教育関係者はどうしているのやら、という気分。

少なくとも阿部首相は読んでいないと確信できるね。
北海道でも多くの醸造好適米が生産されているようです。

<北海道新聞より、転載>

北海道産の酒米「きたしずく」が急成長 寒さに強く収穫昨年の9倍に(06/02 06:50、06/02 07:46 更新)

【新十津川】道産酒造好適米(酒米)の新品種「きたしずく」の栽培が、今年から一気に広がる。収穫量は試験栽培だった昨年の約9倍になる見通しだ。寒さに強く、加工もしやすいのが特長で、醸した酒は既存の「吟風」「彗星(すいせい)」とは異なる味わい。道内の酒蔵や酒販店の関係者から、「第3の道産酒米」に熱い視線が注がれている。

酒米生産で全道一を誇る空知管内新十津川町。5月下旬の週末、地元の酒蔵「金滴酒造」のファンである全道の飲食店関係者ら25人が、町内の水田で田植えをした。ピンネ酒米生産組合(17戸)の3戸が今年、16.9ヘクタールを作付けする酒米「きたしずく」の苗だ。

 田植えに参加した、ススキノで道産酒バーを経営する鎌田孝さん(53)は「吟風は芳醇(ほうじゅん)、彗星は淡麗、きたしずくはその中間。道産日本酒の未来に欠かせない品種」と力説した。

道立総合研究機構中央農試によると、きたしずくは「吟風」に、主に岡山県で栽培されている酒米「雄町(おまち)」と一般食用米「ほしのゆめ」を掛け合わせた品種で、2002年に誕生した。米粒が大きいため、雑味を生む外側を削りやすい上、でんぷんが豊富な中心部の「心白」も大きく、酒造りに向いている。今年は冷夏の予想だけに、寒さに強いという品種の真価が早くも問われるかもしれない。(滝川支局 石田礼)<北海道新聞6月2日朝刊掲載>

<転載、以上>

雄町と食用米「ほしのゆめ」を掛け合わせた品種とのこと。どんどん誕生する新醸造好適米というところでしょうか。