玉川上水

玉川上水(たまがわじょうすい)は、かつて江戸市中へ飲料水を供給していた上水(上水道として利用される溝渠)であり、江戸の六上水の一つ。多摩の羽村から四谷までの全長43kmが1653年に築かれた。

サブカテゴリー

野火止用水
玉川上水からの分水によって誕生した立川の小平取水口から、川越・新座方面の野火止への分水(当時は川越藩)をする農業用水。

コンテンツ