トップ  >  「風土知」醸成プロジェクト  >  風土知の育成を担うべき「社会教育」を摸索する  >  社会教育プログラム実践:第1弾「話を聞く、読む、見る」=物語の発掘プロジェクトを創る

社会教育プログラム実践:第1弾「話を聞く、読む、見る」=物語の発掘プロジェクトを創る

先人たちの知、経験を知る活動を「風土知育成の鍵、卵」と考え、いかに社会教育として定着させていくかをその実践とともに考えていくカテゴリーです。先ずは、その物語の発掘です。農業社会から、多様な産業へとその地域に根付いた先人の記憶と知恵の物語に息づく風土知を見つけ出すための実践です。

サブカテゴリー

「先人の話を聞く」意味を考え、そのために必要な基礎を知る
何故、地域の古老、先人の話に耳を傾ける必要があるのか、書物で読むのでなく、その人物の歴史と生き様とその想い、営みに接することが「物語」を知ることになるからなのです。その試みづくりとともに意味を再度、問い続けていきます。ただ、聞きとるためには、それなりの準備が必須です。基礎となる風土知学習が聞き取りに欠かせないことが解ってきます。聞き取りから得た知がさらなる聞き取りの糧になるはずです。
「緑、樹木、農」の話を聞く試み
モデル地区、「東京都小金井市」での試みです。
「地域の仕事、工場、経営の話」を聞く
モデル地区「小金井」での変遷してきた地域の産業その萌芽から、変遷を追い、今へと聞き取る試みです。
「地域の生態系、生き物の繋がり」を聞く
風土に生きる生態系、その生き物の連鎖と共生を見つめてきた先人の知恵を発見していきます。
「町づくり、住まいづくり、家と暮らし方づくりの担い手」に聞く
土木、建築、設計、家づくりなど、地域の土木、都市づくりや住宅と暮らしを支えてきた人々と歴史的な変遷を聞いていきます。
地方自治への多世代参加の仕組みづくり
18歳選挙権や高齢化の傾向を地方自治に反映するには、政治(議会、選挙、行政情報)の情報化、公開という仕組みは欠かせないものです。このカテゴリーでは、地方自治における情報公開、情報化を市民力で進める取り組みを推進していく方法を模索していきます。