市民アーカイヴという発想

公的機関が風土知の保存をできていないのなら、市民の力でという発想があります。その今と今後を展望していきます。

コンテンツ