実施具体計画

実施計画は、2018年から開始されました。モデル地区の東京都小金井市で各編ごとに計画、実施されています。その計画と実施報告をするカテゴリーです。

サブカテゴリー

A)「先人に学ぶ・地域の知恵」編
「先人の著作解析、利用」と「聞き書き」を連携させたプログラムです。
2)地域の大学での教育プログラムとの連携
第1弾は、東京学芸大学での「学芸の森」で推進してきた大学&地域連携教育としての「教育の森」プロジェクトを地域知=風土知教育の現場として展開するカテゴリーです。
1)地域連携計画:行政連携
地域展開の手法として、行政の求める地域社会の課題と連携する手法があります。東京都小金井市の例で実施計画を作成、実践し、報告していきます。
3)地域広報・メディア研究プログラム
地域・風土知の醸成に欠かせない「地域のメディア育成」を目的にした「地域メディアのゆりかご」となる記者クラブ構想を支援していくための「地域広報・メディア」の勉強会実施プログラムです。

コンテンツ