トップ  >  「風土知」醸成プロジェクト  >  地域別研究  >  江戸・東京  >  年代による歴史区分  >  律令制度の終焉と武士の登場する武蔵国

律令制度の終焉と武士の登場する武蔵国

9世紀、律令国家支配体制がゆらぎ、坂東では俘囚の乱があいついだ。その中で武力でこれを治めようとする勢力がその土地で武士として登場し、この地域を治める働きをするようになる。

コンテンツ