トップ  >  「風土知」醸成プロジェクト  >  地域別研究  >  江戸・東京  >  年代による歴史区分

年代による歴史区分

武蔵国から、江戸、東京への変遷してきたこの地域を時間軸で区分したカテゴリーです。

サブカテゴリー

古代の古墳群
縄文期の東(あずま・武蔵の地)を調べていきます。
律令制度の終焉と武士の登場する武蔵国
9世紀、律令国家支配体制がゆらぎ、坂東では俘囚の乱があいついだ。その中で武力でこれを治めようとする勢力がその土地で武士として登場し、この地域を治める働きをするようになる。
鎌倉時代の武蔵国
鎌倉に成立した武家政権は、この武蔵の地にどのような影響を与えたのでしょう。本カテゴリーはその時代を紐解きます。
室町時代の武蔵国
江戸時代の武蔵国
武蔵国に幕府としての「江戸」が登場することで、武蔵国は、江戸を中心に管理、再編されます。江戸時代、武蔵国の変遷を見て行きます。
江戸から、東京府へ(明治期)
明治維新の衝撃で、江戸はどのように様変わりしたのでしょう。その明治元年からの変化を追います。

コンテンツ