産業との連携

小金井の産業との連携を摸索します。重要な点は、現状での産業のみでなく、歴史的な産業変遷も追いかけ、記憶としてこの風土と連携する産業も扱う点です。
また、住宅地は、都内などの企業で働く人々の居住地であるということも重要なファクターなのです。その産業の一翼を担う働き手にとっての家族が共有する風土であるという点も重要であることを認識することが必要です。

サブカテゴリー

農業との連携
農業(米、野菜、果物、花卉)や植木産業との連携を図ります。
企業との連携
それほど多くの企業が現在は、市内で経済活動をしているわけでなくとも、歴史的な産業もその風土に色濃く、働いた人々やその家族の想いを映していることも風土の一部分を成しているのです。実例は、特に歴史的な産業活動を取り上げ、その風土を育てた産業の意味を明確にしていきます。
商業との連携
地元の小売店、飲食業や広範囲な商店街との連携を図ります。