農業種別による区分

稲作、畑作、花卉園芸、林業などその分野別の研究カテゴリーです。

サブカテゴリー

稲作、水田
小金井の稲作についてのカテゴリーです。
野菜、蔬菜
野菜、明治ごろの表現では、「蔬菜」の生産は、江戸期より、周辺地域とともに発達していた。
特用作物:うど
「吉祥寺うど」と称されたうど生産が小金井に拡大したのは、第一次大戦中だったようです。
特用作物:栗、クリ
栗は、江戸時代から産地とされた数少ない特用作物のようです。その実態を見て行きます。
特用作物:植木
明治から始まり、大正の関東大震災以後の東京の需要に応えるように発展した多摩地区の植木業の昭和期以後の中心的なエリアが小金井だったようです。
果実:キウイフルーツ
平成年代、果実としてのキウイフルーツの生産は、市内でかなりの作付けとなっています。
特用作物:花卉園芸
大正末期から、昭和にかけて、杉並、井荻地区に続いて、小金井でも花卉生産が拡大したようです。