江戸時代の武蔵国

武蔵国に幕府としての「江戸」が登場することで、武蔵国は、江戸を中心に管理、再編されます。江戸時代、武蔵国の変遷を見て行きます。

サブカテゴリー

江戸
は、日本の首都東京の旧称であり、1603年から1867年まで江戸幕府が置かれていた都市。
江戸時代の下総国との武蔵国の境「葛西」
下総国葛西郡は、江戸の東に接していたことで、その変遷を余儀なくされます。