水系と人工的な上水、用水について

小金井は、大きく北部の武蔵野台地上を人工的に流れるようになった玉川上水や、石神井川の水源となったエリアからの水系と南部の多摩川左岸の支流である野川とつながる用水や小さな支流の水系と国分寺崖線(はけ)などにある武蔵野台地と立川段丘の間から流れ出す湧き水などです。

これらの水系に関する情報については、以下から、ご覧いただけます。

1)野川、国分寺崖線湧き水、支流について>こちらから

2)石神井川の水源などについて>作成中

3)玉川上水、その分水などについて>こちらから
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:5 平均点:2.00
前
小金井の地形を知る
カテゴリートップ
基礎となる地理的な情報について