千川上水清流復活事業について

東京都建設局によれば、

昭和60年代に「清流復活事業」として、開渠部の護岸工事及び暗渠部の補修と清掃が行われ、平成元年3月に清流が復活。現在は下水道局多摩川上流水再生センターで処理された再生水が流れているようです。
この時、東京都建設局の第4建設事務所の管内の15.9kmのうち、開渠部の2.1kmは、平成18年4月に練馬区(1.2km)と武蔵野市(0.9km)に移管されました。その後、東京都建設局では、練馬区関町南二丁目の伊勢橋下流から、板橋区板橋一丁目までの暗渠となっている区間(13.8km)のみの補修や清掃などの維持・管理を行っているようです。

武蔵野市の千川上水事業について

●平成22年の整備計画>こちらをご覧ください。

●平成28年度の水質調査報告>こちらをご覧ください。