【後北条の土豪士族による支配が江戸開府初期の多摩地域を形作る】

多摩地域は、江戸幕府開府とともに天領となったことで、それまで後北条の土豪士族の支配地域だったことがどのように変化したのでしょうか?そのことが後の徳川政権の直参旗本の天領支配と関連していきます。

まず、こうした後北条氏の配下の土豪士族の幕府開府による変化とそうした士族=地侍がどのような形で江戸時代の地域支配に取り込まれていったかを知ることためには、基礎知識として、「地侍」とは「天領」とはを知っておく必要があります。

概念把握と同時にそのイメージをもっていただくには、このサイトでは、概念把握として、Wikipedia、イメージ把握には、司馬遼太郎氏の著作「この国のかたち」を活用してみました。以下をご覧ください。


「地侍」

<Wikipediaより、転載>

地侍(じざむらい)は、室町中期から安土桃山期にかけて見られた侍身分の一種。
もともとは、農業を営んでいたり、名主などの有力百姓だった者が、守護大名や在地の国人領主などと主従関係を結び、侍身分を獲得した。「土豪」と呼ばれることもあるが、土豪=地侍ではない。土豪とは広義には、広域を支配する領主や在地の大豪族に対して、特定の「土地の小豪族」、その地域の「在地の小豪族」という意味もあり、その場合は、地侍の主筋になる在地領主も含まれるからである。

地侍たちは、侍身分となることで、中央の守護や、在地の国人のような領国支配者の下で小領主となることを指向していたが、支配者から見れば、地侍は在地百姓の有力者に過ぎず、被支配者と見なされがちであった。
土一揆の時代には一揆の中核として活躍し、中には、村落から離脱して、自らの地位を武士に特化する地侍もおり、戦国期に入ると、戦国大名やその幕下の大身の国人領主の家臣として系列化された。地侍層は、戦国大名や国人領主から加地子(地代=中間得分)の徴収権を保証される代わりに、家臣となり、戦時には軍役を果たす義務を負った。

江戸期の大名・旗本には、このような地侍を出自とする家も少なくない。

しかし、大多数の地侍は、侍身分でありながら村落に在住し、村落の指導者としてあり続けた。こうした地侍たちは、安土桃山期の兵農分離(刀狩など)によって郷士や再度、百姓身分に戻り、庄屋・名主・肝煎・番頭など村の指導者としての地位に就くことが多かった。

<転載、以上>

元々、後北条氏の配下の土豪士族は、こうした地侍が基礎となっていたようです。そして、江戸幕府の開府とともに天領となった多摩地区を支配していたそうした土豪士族は、検地とともに農民として、その地に残り、農民の支配層である庄屋や名主として、生き残ることになったようです。以下にその室町以来の地侍という存在をイメージするために司馬遼太郎氏の

「この国のかたち(二)“一風景”」に描かれた地侍という存在をご紹介します。


<この国のかたち(二)“一風景”より、転載>

南多摩の石田という集落は、いまは東京都下の日野市にある。
このあたりで多摩川と浅川が合流していて、石田という地名でもわかるように、小さな氾濫原(はんらんげん)だったらしい。ただし砂礫はどうなったのか、田畑に好適のくろぐろとした真土がひろがっている。
江戸期には、村高百石以上の美田の村だった。
そのあたりは、江戸日本橋から西に向かう甲州街道に沿っていて、大名行列が往来した。
江戸から石田へは、甲州街道をとる。多摩川をわたって、旧日野領に入ったあたりで枝道を左(南)に入り、浅川を渉ったところに石田がある。
昭和三十年代、私がここを訪ねたとき、浅川堤からながめたひろやかな水田風景がじつに美しかった。
そのとき、集落の入口で、軽四輪をせまい村道から出そうとしている青年に道をたずねた。“土方家”への道順だった。
ところが青年のいうには、集落には土方姓が多いという。どの土方ですか、と反問されたので、つい、
「新選組の土方歳三さんのお家ですが」といってしまった。が、青年の表情は動かず、
「あ、お大尽の土方ですね」
とうなずいて、向こうの塀を指さした。

日本の農村は、家々を姓で呼ぶより、屋号やあだなでよんだりする。たとえば百年前に質屋あるいは饅頭屋だったことのある家は、その後も、その稼業をあだなとしてよぶ。
お大尽というのは、関東における江戸時代のことばで、明治期は死語になったといっていい。要するに金持ちのことだが、この語感には、吉原の遊里などで豪勢な遊びをする人、といったイメージがある。


<転載、以上>

そして、さらにこの章では、土方歳三について語りたかったのではなく、こうした江戸期の地侍だった人々とその農村での一風景を語りたかったとして、さらに「地侍」とはを以下のように説明しています。

<同章より、転載>

話をさかのぼらせたい。江戸期より前の豊臣期、あるいはそれよりもう一つ前の戦国期のころ、関東一円は、小田原の北条氏(後北条氏)の領域だった。
天正年間、北条氏の一族の氏照(陸奥守 1540〜90年)が八王子城に拠って、このあたりの地侍たちを大きく系列下においていた。
氏照のことはさておき、地侍の方に視線をむけたい。戦国のころ、日野一帯では、佐藤氏と土方氏が地侍として大きな存在で、そのことは古文書類(佐藤仁家、佐藤利文家、土方義春家文書など)にあらわれている。
周知のように、小田原北条氏は、豊臣家に滅ぼされた。
豊臣政権の最大の主題の一つは、地侍退治だったことは、いつだったか、以前の稿でのべた。
地侍という中間支配層を消滅させ、それまでかれらに隷属していた農民たちを自作農として自立させ、その上でじかに百姓から租税をとるという建て方だった。
このために、豊臣期には、佐藤氏や土方氏は、全国の地侍と同様、ただの百姓姓に“降格”された。
江戸期になると、この層は、すこし名誉を回復された。そういう旧地侍層のなかから名主(西方では、庄屋)がえらべれたのである。
幕藩体制での名主(庄屋)は、不思議な存在だった。
士農工商でいえば、農なのだが、晴れの日には、大小を帯び、武士の姿をする。むろん、多くは姓も公称した。
しかも、その屋敷たるや、小藩の家老屋敷のように大きく、土塀をめぐらし、長屋門などをかまえていた。門を入ると、玄関があり、式台があり、また、座敷は書院造りだった(ただの百姓屋敷は、門も玄関も書院座敷もゆるされなかった。それらが付属しているということが“苗字帯刀”のしるしだったのである。)
服装も、絹服(けんぷく)がゆるされ、、またははきものも雪駄がゆるされた。雪駄など、なんのこともないのだが、これさえ格式の一つの道具だった。
そのような容儀からみれば、庄屋(名主)どのはりっぱな上級武士である。しかも身分は藩の徒士(かち)よりも下なのである。ただ、富力は、藩士階級一般より上だったことはいうまでもない。
もうひとついえることは、名主(庄屋)層は、中世以来の由緒という無形の栄誉でいえば、豊臣、徳川期に成立した出来星大名などよりははるかにつややかで、古くをたずねると、たいてい中世の地侍から発している。ときに源平時代にまでさかのぼることができる。
彼らの仕事は、藩から(幕府直轄領の場合は、幕府から)委託された村民の統制と保護だった。で、わずかながら、手当も出たが、多分に名誉職だったといえる


<転載、以上>

そして、司馬氏は、こうした名主を同じような身分、名主をよくしっていた前島密が全国の村々の名主の内、おもだったものに地域の郵便局(所)を任せることで、日本の郵便制度を確立させたことを説明しています。
ただ、この章では、こうした名主層が天領だった多摩地区でも関東郡代の配下で各地の村民の管理をしていたことがわかれば、良いとおもって、とりあげました。つまり、嘗ての地侍が江戸時代には、天領では、名主となって農業に従事したということを知っておくことが重要です。