トップ  >  「風土知」醸成プロジェクト  >  風土知の育成を担うべき「社会教育」を摸索する  >  「小金井・六部塾」プロジェクト  >  実施具体計画  >  入口講座の展開:訓読みの「ひとつ」は、数?表現?(国語表現の学習)
数字のいち、1、一が訓読みでは、「ひと(つ)」となり、「ひとつ」という言葉でも表現されるのは誰もが知っています。

この「ひとつ」数であると同時に以下のようないくつかの日本語表現ともなっています。


<コトばんくにある「ひとつ」は以下に転載したような意味を掲載しています。>

hitotsu
ひとつ、一つ


1) 数の名。自然数のはじめ。いち。

2) ㋐物などを数えるときの、1個。「りんごを―食べる」「―二つ間違ってもかまわない」「万に―の可能性」
㋑1杯。器に入った酒・水などにいう。また、少しの量。「冷たい水を―召し上がれ」
「―参りさうなお顔でござる」〈虎明狂・鍋八撥〉
㋒年齢の、1歳。「―年を取る」「―半の幼児」

3) 行為や状態のひとまとまり。副詞的に用いて、少し、の意をも表す。「今日は―気分がすぐれない」「今―調子が出ない」

4) 同一なこと。同一にすること。「家計を―にする」「―屋根の下に暮らす」

5) 形や表現は違っていても中身は同じであること。また、似ていること。一体。「全員が心を―にする」「世界は―だ」

6) 厳密にいえば違うものでも、考えようによってはその範疇に入ること。一種。「これも人生の―だ」「それも―の考えだ」

7) 他と比べて、一方。また、ある側面。一面。「―にはこういう解釈も成り立つ」

8) いくつかの事項を列挙するときに見出しとして用いる語。「―、本会は社員をもって構成する」「―、金(きん)壱万円也」

9) 名詞の下に付いて、それ以外にはないことを強調する語。…だけ。「身―で脱出する」「母の手―で育てられる」「行くか行かないかは自分の決心―だ」

10) (打消しの語を伴って)あるものを代表させて、類似の事柄のすべてを否定する語。…さえも。「ごみ―落ちていない」「あいさつ―できない」「風邪―ひかない」

11) 奈良・平安時代の定時法で、十二辰刻の一つを四等分したものの第一。

12) 第1。順序数の1番目。
「―には御手を習ひ給へ。次にはきんの御琴を」〈枕・二三〉

[副詞]

1) これから行動を起こそうとするときに用いる語。ちょっと。さあ。試しに。「―やってみよう」「―歌でもいかがですか」

2) 軽く依頼するときに用いる語。どうか。「―よろしくお願いします」

[下接句]

此処(ここ)は一つ・千に一つ・百に一つ・百日の説法屁(へ)一つ・二つに一つ


<転載、以上>

このように日本語には、簡単に言うと「訓読み」「音読み」などという読み方、表現があります。これは、中国からきた漢字の読み方「呉音」「漢音」や日本古来の大和言葉などが交じり合ってきたことで、様々な読み方や表現がうまれてきたことに関連しています。六部塾では、その名前にある「六」の学習でこの「呉音と漢音」についても説明しています。詳細は、こちらの六部塾の入口講座をご覧ください。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:3 平均点:6.67
前
入口講座の展開:「ゼロとれい」(数学の歴史)
カテゴリートップ
実施具体計画
次
様々な地域創生論を学ぶ