【何故、司馬氏は、小説の筆を止め、この連載を始めたのか?】

司馬氏の連載を構想し、続けた想いを知るために氏の随筆やこの連載の巻頭の「この国のかたち」という章、氏の自伝的なエッセイなどをご紹介します。

「この国のかたち」連載シリーズ第1章「この国のかたち」から

氏はこの連載を始めるにあたって、第一章を「この国のかたち」という章にあてました。「まず、なぜこの連載を始めたかを知ってもらわなければ」という氏の強い思いを見ることができます。一部、その章の頭の一文を以下に転載します。


<転載、部分>

日本人は、いつも思想はそとからくるものだと思っている。

と私が尊敬する友人がどこかに書いていた。(正確に引用したいのだが、どの本になったのか、記憶にない。だから、著者名もさしひかえざるをえない)。
この場合の思想とは、他の文化圏に入り込みうるーつまり普遍的なー思想をさす。古くは仏教や儒教、あるいはカトリシズム、回教、あたらしくはマルキシズムや実存主事などを念頭においていい。


<転載、以上>

この章は、「この一言への想いとこの結論」がこの連載シリーズを読んでいくため、「日本という国」を理解するための鍵だという認識から、書かれたものなのです。
ただ、結論として、提示されず、「誰かが書いていた」とすることで「読者がこの連載を読み進む旅は、自分がその言葉を追い、日本とはどんな国なのか思索してきた旅なのです」と表明し、その旅へと読者をこれから案内して行きますよ。是非、お付き合いくださいと語られます。

この表現がいかに自分が説明したかった「日本という国、その国の人々がつくってきた文化」の独自性を表現するのに最適だと思えたかをつぎから、丁寧に説明していきますよと話を続けます。

つまり、この連載シリーズの第一章は、その概要をまとめ、これから自分の旅に付き合って欲しいとガイド(前置き)しているのです。

この連載の基本姿勢は、その後の文中にある「人間や国家のなりたちに関わる思想と日本の原形について考えている」という一文にも見えてきます。

そして、その次には、「話はかわるが」などとその要素となる7世紀の古代大和王権成立の風景を語りながら、日本とはどうして、こんな歴史を刻んだのかと投げかけ、最後にまた、この最初の一文へと戻ってくるのです。その流れを追ってみましょう。


七世紀の大和政権の成立は、学校の歴史の授業でも習う古代史の重要な出来事でしょう。司馬氏は、あえてその政権成立を取り上げて、日本の古代というのは、じつにわかりにくいさらにどうして大和政権が、古代日本の代表的な勢力になったかについても、わからないのであると疑問符を投げかけます。


<この項、作成中>
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:2 平均点:5.00
前
前もって知っておいてもらいたいこと
カテゴリートップ
物語プログラム(1):司馬遼太郎氏の想い