このコンテンツは、三多摩問題調査研究会の創設以来参加されてきた矢間秀次郎氏へのヒアリングとその提供していただいた文献資料からのものです。(平成30年8月現在)

昭和40年代に環境問題に端を発して、開始された「三多摩問題調査研究会」の活動は、当時、法曹会を目指した司法研修生や自治体職員、大学教授などが中心となって始められた「三多摩の自然・水系の保全」を目的とした市民活動です。

詳細は、その「三多摩問題調査研究会」の会報、活動報告などから、知ることができます。

この活動のビジョンと方向性を表した出版物が以下の「水辺の空間を市民の手に〜水系の思想と人間環境〜」です。





以下、同書籍に掲載された研究会のメンバーによる座談会の詳細記事をご紹介します。










20代の若者が参加した研究会の熱気が伝わってくるようです。
この座談会の参加者のうち、平成30年現在、御存命なのは、以下の7名の方々です。
上柿、西尾、平賀、平林、丸井、宮田、そして、取材した矢間さんの7名とのことです。

STEP:1)市民活動参加者の生き方を追う
このシリーズでは、それぞれの方が市民活動へ参加した想いや参加の経緯・当時の情報から、現在までの活動の軌跡を直接、間接に伺っていきます。
このように市民活動の変遷を辿っていくことで、市民活動の課題とともに、市民活動に参加する「生きがい」や「夢」を描いていきたいと考えています。>こちらから

STEP:2)その後の団体としての市民活動の変遷を追う
組織も時代とともに変化していきます。市民活動の変遷を追い、その活動の拡がりや発展、衰退、組織の課題などを把握してきます。>こちらから



<続く>
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:2 平均点:5.00
カテゴリートップ
市民運動、活動の担い手に聞く