我が町の地域メディアを学ぶ

〇モデル地域:東京都小金井市での地域メディア探訪プログラムへ

1)最も身近でより生活に密着した地域コミュニティを知る(世代、生活圏別コミュニティとそのメディア学習)

◆小金井市中町エリアでの研究:
検討するべきコミュニティ:居住者、通勤者、通学者とそのコミュニティにおけるコミュニケーションや情報提供を担うメディアを考える>発見する作業へ

<第1回>「コミュニティとメディアの発見」

〇一般居住者(個人住宅)のメディア環境を知る

大手新聞、地域新聞・雑誌、ケーブルテレビ(番組と番組誌)、地域ネット情報サイト(Website、FB、Twitterなど)の現状を知る

〇地域コミュニティにおける情報配信を実施している(情報交流、配信を担う)メディアを知る

第1回講座
<対象コミュニティ別に調査する>(学習資料の収集実施講座)

目的:作成主体・配布場所・配布状況・メディア課題の発見をするなどという行為を通じて、自分の中でエリアメディアへの関心度を高めるための学習実施


〇一般的なマスコミメディアとミニコミメディア

*テレビ:地デジ、BS、地域放送など
*ラジオ:AM、FM放送、地域コミュニティFMなど
*新聞:大手新聞(地域版)及び同折り込み地域マガジン、地域新聞
*雑誌:地域マガジン
*Webメディア:ニュースサイト、地域情報ポータルサイト、地域Facebook(団体、個人、コミュニティ、グループ)、Twitter(同左)、Blog(同左)、Instagram、LINE他

〇そのコミュニティ独自のメディア

*自治体情報メディア:市報・市政だより・公民館便り・かたらい・

*町内会
*集合住宅管理組合
*学校・教育機関(大学・専門学校・小中高等学校・幼稚園・保育園)
さらにその施設内での対象(教員、組合、生徒会、PTAや子供会)別
*介護施設(従業員、及び利用者)
*企業(社員と経営組織)、行政機関の職域メディア(組合メディアを含む)
*市民団体、施設利用団体(趣味・目的別地域団体など)

それぞれのコミュニティメディアを調査し、その現状を知る
●具体的には、実際にサンプルを収集して、

1)その記事構成・内容
2)対象者範囲と評価、情報評価
3)編集方針、担当記者

などを知るなど作業となります。


<東京都小金井エリアでのモデル実施から>

第1回>実践作業>
実際のメディアを収集し、見て、どんな内容の記事、コンテンツが通常、発信されているメディアなのかを把握する

<作業のポイント:配布エリア、配布方法、配信元などの把握も同時に行う>

〇以下は、収集予定メディア一覧:サンプル収集済みのメディアは、
太字表示


*テレビ:東京MXTV(地デジ)・JCOM東京(ケーブルテレビ):地域情報番組、
JCOMマガジン

*一般新聞:
読売新聞(地域版・折り込み)・朝日新聞(地域版・折り込み)・毎日新聞(地域版・折り込み)・産経新聞(地域版・折り込み)・日経新聞(地域版・折り込み)・東京新聞(地域版・折り込み:)

*地域新聞:
小金井新聞小金井市民新聞

*地域マガジン:
184き・ままサンケイリビング新聞ぱど

*町内会メディア:
なかよん町会中町親愛会

*学校メディア:
東京学芸大学()・法政大学()・東京農工大学()・工学院高校()
小中高等学校()

*行政機関関連メディア:
東京都便り(月刊)・市報(月2回)・市政だより(月刊)・公民館便り(月刊)・体協だより・かたらい(年刊)・

*産業関連協会・団体、企業メディア:
小金井商工会報・ののわ・

*市民団体・活動メディア:
市民自治こがねい会報・

*郵送、折り込み又配布チラシ:

*エリア掲示板:
小金井市広報掲示板・市民掲示板・

<この項 作成中>
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:2 平均点:5.00
前
地域メディアを知る
カテゴリートップ
3)地域広報・メディア研究プログラム