「高齢者」のアイデンティティ探しを考える

前の章でお話したように、河合先生は、「退職者がどのようなアイデンティティをもっていくのかがこれからの時代に必要だ」と課題を提示されました。これを欧米社会の父権社会と同様に老人がそれまでの経験を元に威厳をもって、自らの存在を確立していくのだなどと短絡的に判断しては大変なことになります。
文部科学省が「生涯学習」というテーマで語る「自らの経験を活かして、地域コミュニティでの生きがいづくりをしましょう」などと簡単に結びつけるととんでもないことになります。それまでの会社コミュニティでの自分がその中にはまり込んで、きた経験をいきなり、老人はこう生きるべきだなどと地域コミュニティで叫んだりするととんでもないことになります。

既に女性が参加している地域コミュニティの成り立ちをしっかり見据えて、母系社会である日本人ならではの高齢者のコミュニティ・アイデンティティづくりを考えることが重要になってきます。

しかも地域社会自体のもつ地域コミュニティの課題である「世代間交流」を視野に、若い世代が自ら高齢者になったときに目指したくなるようなファンタジーとして創出していくことが重要です。

高齢者が創出すべき地域コミュニティとは?

この講座では、そうした視点から、「母親の庇護から、夢と好奇心をもって世界、仕事へと飛び出していった若者が年老いて、迎いれられるような地域コミュニティ」を今の高齢者である私たちが創ることがその答えではないかと考えました。以下、その課題を考えていきます。

1)地域コミュニティに求められる知恵を学ぶ方法を考える

会社で利益追求、会社の成長を目標に課題を提示され、ストレスの中、その追及に時間のほとんどを費やしてきた人にとって、地域コミュニティづくり=より良い地域の創出を可能にするコミュニティとはどんなものになるのでしょう?
仕事で培ってきた知恵は、全く役に立たなくなるのでしょうか?農業社会だった嘗ては、老人の知恵は、そのまま農業における尊敬される知恵となり、家族に受けつがれましたが、今の老人の知恵は、企業というコミュニティがなくなった今、どうなるのでしょう?

単に現在の生涯学習では、良く聞くことですが、「自らの経験を活かして」と言われ、「それまで従事してきた自ら仕事の自慢をするのだ」と勘違いされたら大変です。

子どもになんでも買い与えてお金で解決してきたような、いままでのやり方を続けるなら、
子どもの助けになるように孫の面倒を見、お小遣いを上げるということになり、最終的には、死んで財産を残すという役割になるだけです。
そのために子供夫婦の近くに居住し、その独立性はさまたげない範囲で求められる援助をする高齢者ということになります。これが、現在の高齢者のアイデンティティとなっているのが現状です。
その延長線上に作られるのが、現在の学校制度で立ち上がってきた「放課後子ども教室」や「コミュニティスクール」などでの第三の大人として高齢者の利用という仕組みです。
時間が余っているのだから、お手伝いできるでしょう。という訳です。

子供夫婦もそうした地域活動に参加する高齢者を目指すのが将来の自分たちが達成する「高齢者のファンタジー」なのだと考えるのでしょうか?そのための地域コミュニティづくりというわけなのでしょうか?
私は、それが退職前の大人の目指す「アイデンティティ=ファンタジー」とは思えません。


<この項、続く>
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:1 平均点:0.00
前
「日本人のアイデンティティを考える」学習プログラムへ
カテゴリートップ
物語プログラム(2):河合隼雄氏の伝えたかったこと