「【新装版】巨大古墳」をにその思いを読む

実は「【新装版】巨大古墳」という本は、子供や学生向けの参考資料として草思社から刊行された本です。自分の学生時代からの古墳への思いを子供たちにダイレクトに伝えたいという森氏の気持ちを反映して、穂積氏の豊富なイラストレーションと堺にある「大山古墳」を素材に前方後円墳とその時代の人々の息遣いまでを感じさせる素晴らしい解説書です。実際の中国の古墳づくりの技術をふんだんに取り入れ、書かれています。この本への氏の思いは、あとがきから、以下に転載してご紹介します。


<「巨大古墳」>


<同書のあとがきから転載>



<転載、以上>
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:1 平均点:0.00
前
関東学への入り口:布(紡錘車:ぼうすいしゃ)への着目
カテゴリートップ
物語プログラム(3):森浩一氏の想い