「第4章 21世紀日本のフロンティアの概要を知る」

目次コンテンツでも見られたようにこの第4章「21世紀日本のフロンティア」は、この報告書の課題と方向性をまとめたものです。

以下の「日本の特性・特徴ともいえる」4区分とそれぞれの実行に向けての方向性となる13項目のコンテンツです。

1.先駆性を活かす
(1)教育を転換する
(2)グローバル・リテラシー(国際対話能力)を確立する

2.多様性を力とする
(1)自ら生涯を設計する
(2)地域は自治で自立する
(3)非営利民間セクターを立ちあげる
(4)移民政策へ踏み出す

3.ガバナンス(協治)を築く
(1)政策選択を多様化し透明化する
(2)選挙権を18 歳に
(3)政府の役割を絞り込む
(4)ルールにもとづく

4.「開かれた国益」を求める
(1)グローバル・シビリアン・パワー
(2)総合的・重層的安全保障
(3)隣交

本サイトの以下の項目では、それぞれの4つの特徴とそれを生かした実行の方向性ともいえる13のコンテンツをご紹介していきます。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:2 平均点:10.00
前
総論から、読む
カテゴリートップ
二十一世紀日本の構想を読む
次
1.先駆性を活かす(教育の転換、グローバル・リテラシーの確立)