「近代の超克」の戦後知識人の見解とは

実際、数多くの知識人がこの戦時中に行われた座談会「近代の超克」についての見解(非難、再認識、課題提示)を発表されています。

この項では、その一部と戦後すぐから、今に至る長くのこの「近代の超克」への見解を追いかけることで、司馬氏の「この国のかたち(一)」での「日本の近代」を理解する階段を上る一段を形作れればと思います。

先ず、司馬氏の「日本の近代」でも説明はされているのですが、この「近代の超克」座談会の概要を書いておきます。

この座談会は「文学界」の同人が呼びかけたもので、出席者は、司会役の河上徹太郎が「これだけの人数の一流の人たち」と呼んだ次の13人です。
西谷啓治、諸井三郎、鈴木成高、菊地正士、下村寅太郎、吉満義彦、小林秀雄、亀井勝一郎、林房雄、三好達治、津村秀夫、中村光夫、河上徹太郎
この知識人を簡単に区分けすると、
1)文学界を拠点とする保守的な文人たち
2)亀井勝一郎が代表する日本浪漫派
3)京都学派と呼ばれる学者

という3つの区分けが可能です。

この座談会の詳細は、以下の冨山房百科文庫の本で読むことができます。



【1.戦後すぐの反応】

司馬氏は、戦後すぐには、このテーマでの発表を行われませんでした。「日本の近代」の発表は、1986年です。

戦後すぐには、京都学派からの回答といった形でいくつかの論文が提示されたようです。
京都学派の四天王と呼ばれた高山岩男氏の「世界史の哲学」がその代表的なものでしょう。



【2.司馬氏と同時期から平成初期の反応】

代表的ないくつかの論文をご紹介します。

〇広松渉氏の『「近代の超克」論』は、講談社の学術文庫が読みやすいかもしれません。



〇文芸評論家であり、吉本隆明論などでも知られる神山睦美氏は、小林秀雄の「近代の超克」での位置づけを述べられています。

*同氏の論文『小林秀雄と「近代の超克」』>こちらからご覧いただけます

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:2 平均点:5.00
前
「この国のかたち(一)」で、江戸から明治を読み、その後の「日本の近代」の課題と過ちを伝える
カテゴリートップ
「この国のかたち」で司馬氏が次世代に提示した日本の課題の継承
次
「江戸の近代」からの視点ー合理主義思想の誕生と諸藩の多様さー