佐藤文隆氏の「問われる科学者のエートス」から、近代科学への距離を知る

この論文集の序論は、この論文集を河合先生と共同編集されている理論物理学者の佐藤文隆氏の「問われるが科学者のエートス」です。この論文が最後のあとがきにあたる河合先生の「科学技術のゆくえ」とセットでこの論文集の構成内容全体を整理されています。まず、その道しるべがこの佐藤氏の序論です。

タイトルにある「エートス(ethos)」。その意味をご存じですか?
簡単に以下にアリストテレスの説明をご紹介しておきましょう。


<アリストテレス『ニコマコス倫理学』より、転載>

エートスは、住み慣れた場所や故郷のことであり、そこから派生する集団が遵守する慣習や慣行であり、そのような慣習によって社会の成員によって、共有されている意識や実践のことをさす。エートスは集合的心情は、その当該文化の人たちの情動経験などというふうにも訳される。エートスのラテン語訳 こそがモーレス——モスの複数形——でありモラルの語源なのである。これは、我々がもつ道徳的感情は、その共同体のモラルの遵守とそこからの逸脱から発生しているのだという説明の論理である。

<転載、以上>

ここでは、簡単にモラル、科学分野におけるモラルとして理解して、おきましょう。ただ、モラルや道徳とされなかったのは、多分にそうした言葉に付着した色々な日本的意味理解を超えて、アリストテレス的な[「科学者という集団の守る慣行や習慣的に共有、遵守されている意識」という意味合いを持ってのことだと想像されます。

最初に佐藤氏は、1.近代科学の離陸と題して、日本で科学が西洋から取り込まれた明治の事情とその経緯を分析、説明されています。この西洋との邂逅が日本の科学の道、モラルを決定づけたという意味で重要な視点です。以下、その要点をご紹介します。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:1 平均点:0.00
前
芸術への視点「文化論11 芸術と創造」から、読む その2 横尾忠則氏の創作論を読む
カテゴリートップ
現代日本文化論全13巻(1998年刊行)から読む
次
道徳への視点「文化論9 倫理と道徳」から、読む その1 河合隼雄氏のまとめと鶴見俊輔氏の序文で概要を把握する