トップ  >  「風土知」醸成プロジェクト  >  地域別研究  >  江戸・東京  >  江戸・東京内地域カテゴリー  >  三多摩エリア  >  小金井市  >  地域での連携を摸索する  >  地方自治体との連携  >  社会教育(生涯教育)との連携  >  その1:現状の生涯教育課、文化財センターなどの郷土教育プログラムを知る
【生涯教育課のプログラムから】

小中学生などを対象としたものは、別章で扱うとして、大人を対象とした講座などの情報を以下に紹介します。

<小金井市の公式サイトの生涯教育課の事業概要から、転載>

大人も対象とする講座など

◆まなびあい出前講座

市民・団体が主催する学習会に市役所・警察署・消防署の職員が出向き、担当事業などについて話をし、市民の生涯学習を応援します。
>市の職員などの出前はいらないといっても残念ながら、それ以外の出前は用意されていません。

◆団塊の世代のための地域参加講座
これから数年にわたって、団塊の世代が大量退職する時代を迎えるにあたり、これらの人々がスムーズに地域参加することを目指します。
>年一回、数回の講座やイベントを社会教育関連市民団体などに一部を委託して、実施するプログラムです。(希望者のみの無料参加で、毎年数十名が受講しています)

◆大学機関連携事業
知的資源を地域社会に提供し、市内大学と自治体が一体となり体験学習等を実施し、地域貢献を推進します。
>大学の公開講座などに生涯教育プログラムに適する内容の実施を依頼し、実施するものです。

◆こがねい市民講師登録・紹介制度
市民の生涯学習活動を支援するため、あらかじめ市民講師として登録していただき、サークルや団体等の求めに応じて援助者として活動していただいています。
>ただ、登録するだけの制度なので、登録しても一向に講師のお声がかからないという登録者がほとんどのようです。全く、PDCAが適用されない制度の典型です。

<転載、以上>
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:18 平均点:5.56
カテゴリートップ
社会教育(生涯教育)との連携
次
その2:社会教育委員の会議とは