【知の財産とは何かを考える】

「物語」を残していくために必要な「財」がその物語の主人公が糧とした「書物(知の箱)」や「経験を培うことのきっかけとなった出来事(仕事や活動、知の入口、発端)」ではないのかと思います。それを探し出し、保存し、伝えていくことが知の継承になるのではないでしょうか。



<この項、続く>
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:1 平均点:0.00
カテゴリートップ
「先人の話を聞く」意味を考える