民俗芸能

伝承されてきた民と風土との関わりを芸能という形式の中で伝えてきた文化が民俗芸能(伝承芸能)です。その姿に風土と民俗文化を発見することがこのカテゴリーの目的です。

サブカテゴリー

里神楽
宮中で執り行なわれる御神楽(みかぐら)も対して、民間で行われる神楽を総称して「里神楽」と呼んでいます。土地の習俗や信仰と不可分でその風土に寄った様々な形態の芸能を今日に伝えています。
上方舞(かみがたまい)
上方舞は、江戸時代中期(1800年頃)から末期にかけて上方で発生した日本舞踊の一種です。着流しに、屏風を立てた座敷で舞う素踊りがその基本です。