トップ  >  酒造研究  >  日本酒研究  >  酵母

酵母

酒の発酵を左右する「酵母」。昔はそれぞれの蔵の天然酵母が利用されていたものです。
現在では、醸造協会でその特徴や安定した性質で造られている何種類かの「協会酵母」が多くの蔵で利用されています。
その酵母についてのカテゴリーです。

サブカテゴリー

新たな酵母への取り組み
現代の職人や醸造技術者、蔵元の研究者、経営者たちの酵母開発の試みを紹介します。
清酒酵母
清酒酵母(せいしゅこうぼ)とは、清酒醸造に用いられる酵母の総称。大きくは、日本醸造協会でつくられる「きょうかい酵母」と各都道府県で独自に作られてきた「地方自治体開発の酵母」や「その他の団体、組織の開発した酵母」に分けられます。
協会酵母
協会系酵母とは、日本醸造協会で頒布している日本酒、焼酎およびワインの酵母菌のことをいいます。