東京の地酒の変遷

東京の地酒は、江戸以前、江戸期、明治から昭和期、昭和の地酒ブーム期、現在の平成期という大きな時代区分ごとに変化を遂げました。このカテゴリーではその時代区分ごとに東京の地酒を研究していきます。

サブカテゴリー

江戸以前の東京(関東)の地酒
江戸以前は、武蔵の国、関東という広い範囲でその地酒文化を知る必要があります。もちろん、この大きな時代区分にも、鎌倉以前、鎌倉から戦国時代までという相違は見られますが、その変化も含め、関東・武蔵の国の地酒を調べていきます。
江戸の酒
江戸に幕府が開かれ、その文化が花開く中、日本酒文化はどのように発達していったのでしょう。米どころでもなく、日本酒が製造されていたこともあまり知られず、下り酒という関西からの日本酒文化が押し寄せる中、江戸の日本酒文化はどのような変遷を遂げていったのでしょう?本カテゴリーは様々な視点から、この風土文化を調べていきます。