江戸の酒問屋

関西からの下り酒を扱った酒問屋はその商いの規模、酒の種類、取引先の酒蔵などさまざまな問屋があったようです。その発生から、発展史を辿っていきます。

サブカテゴリー

下り酒問屋
新川、新堀、茅場町あたりに軒を連ねており、摂泉十二郷産のものだけなく尾張、三河、美濃で産した中国ものなども含めて、下り酒全般を扱った問屋。それぞれの発生は、関西の酒蔵の江戸営業所から始まっていたようだが、その規模はかなり大きな問屋だったようだ。

コンテンツ