トップ  >  酒文化研究  >  酒屋、酒販店文化研究  >  昭和・平成の酒屋  >  国(国税庁)の考え方を知る
国税庁の酒類販売業についての考え方を知る

国税庁の公式サイトには、酒類販売業に関する審議会・研究会の情報があります。こちらからご覧いただけます。

この審議会の概要(同サイトより、以下に転載)は、以下の通りです。

酒類販売業等に関する懇談会の開催について
 
酒類販売業に関しては、致酔性を有する酒類の未成年者対策を含めた販売管理に対する社会的要請が高まっており、また、酒類小売業免許の数次の規制緩和措置などにより取引環境に変化が生じています。
このような状況を踏まえ、今後の酒類販売業等の在り方について、各界有識者の方々をメンバーとする懇談会を開催し、幅広くご意見を伺うこととします。

本懇談会は、概ね、次のようなテーマについて懇談、意見交換を行う予定です。


○酒類の販売に関する社会的規制の在り方
○規制緩和後の酒類販売業免許の在り方、健全な発達のための取組み

本懇談会のメンバーは別紙のとおりです。
 本懇談会の第1回会合は、平成13年12月19日(水)に国税庁において開催。平成14年夏まで月1〜2回程度開催。

平成13年12月開始当時
「酒類販売業等に関する懇談会」名簿

(敬称略)

●跡田 直澄
大阪大学経済学部教授
●井岸 松根
社団法人日本加工食品卸協会専務理事
●宇賀 克也
東京大学法学部教授
●岡本  勝
広島大学総合科学部教授
(座長)
●奥村 洋彦
学習院大学経済学部教授
●神崎 宣武
民俗学者
●須磨佳津江
キャスター
●田中 利見
上智大学経済学部教授
●寺沢 利雄
財団法人流通経済研究所専務理事
●本間千枝子
随筆家・三鷹市教育委員会教育委員長
●水谷 研治
中京大学教授・東海総合研究所理事長
●御船美智子
お茶の水女子大学生活科学部教授
●山下 友信
東京大学法学部教授

<転載、以上>

この懇談会の取りまとめた平成16年の報告書

こちらから、ご覧いただけます。

日本産酒類の販売に関する取り組み

この内容でも懇談会は、平成28年に開かれています。その議事要旨は、こちら
会議資料は、
こちらでご覧いただけます。

<懇談会のメンバー:国税庁の公式サイトより、以下に転載>

●あおい 有紀
フリーアナウンサー、和酒コーディネーター
●大橋 健一
(株)山仁酒店代表取締役社長、マスター・オブ・ワイン
●鹿取 みゆき
信州大学特任教授、東京大学客員研究員、国税審議会臨時委員
●小泉 武夫
東京農業大学名誉教授
●ジョン・ゴントナー
日本酒ジャーナリスト
●山同 敦子
著述家、酒ジャーナリスト
●辰巳 郎
俳優
●手島 麻記子
(株)彩食絢美代表取締役、国税審議会委員
●平出 淑恵
(株)コーポ・サチ代表取締役
●藤原 ヒロユキ
日本ビアジャーナリスト協会会長

<一般社団法人ミス日本酒>
●愛葉 宣明
一般社団法人ミス日本酒代表
●田中 沙百合
ミス日本酒2016

<公式サイトよりの転載、以上>
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:2 平均点:5.00
カテゴリートップ
昭和・平成の酒屋
次
酒税制度の変遷とその影響を知る