ブックマーク一覧  RSS


  • URL 農産物.jp  (2016.09.20   by kugaioffice ) 1users
    [農家支援] [農産物情報] [全国] [検索] [農林水産省]
    <公式サイトより、転載>
    農産物.jpとは

    ●発信責任者 株式会社つくばマルチメディア

    機背景と趣旨・目的 
    1、国内農業者を取り巻く環境

    (1)農業者の高齢化・後継者不足による耕作放棄地の増大・就農人口の減少・食料自給率減少
    (2)東日本大震災・各地における水害等自然災害の発生
    (3)TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)・貿易の自由化
    (4)食料偽装問題等安全安心な食品需要の高まり・「和食」の世界無形文化遺産登録(和食ブーム)
    (5)6次産業化、農商工連携、グリーンツーリズム、地域創生等政府政策

    2、農産物.jpの発信の趣旨

    農業者及び農業関連事業者の情報発信や国産農産物販売を促進する。ひいては、国産農産物の輸出を促進する。
    また、農業の先進事例や農業研究情報・技術情報を提供し、農業者の情報化、近代化を促進する。同時に、研究・教育機関情報の提供、農業関連求人情報等を提供し就農を促進する。

    3、農産物.jpの発信の目的・活動

    (1)農業者のIT活用促進とデジタルデバイドの解消
    (2)農業者のウェブ発信による農産物の販売促進
    (3)農業者の発信情報と消費者・事業者ニーズのマッチング(緑提灯連携)
    (4)新規就農希望者への情報提供
    (5)東日本大震災等自然災害における農業の復興支援

    供農産物.jpの情報配信内容
    1、農産物.jpの主な情報配信内容

    (1)農業者・農産物の発信サイトのデータベース構築と配信
    (2)6次産業化、農商工連携、グリーンツーリズム関連農業者・関連事業者、商品・サービスのデータベース構築と配信
    (3)研究機関・教育機関のデータベース構築と発信
    (4)農業者・支援者のマイページ、応援口コミ、求人情報・クーポン券情報の配信
    (5)サイト登録者のニュース配信
    (6)農産物・技術用語検索、農業研究論文・成果検索、政府農業関連情報へのリンク

    2、農産物.jpの主なシステム

    以下のシステムの利用は、すべて無料ですが、ユーザー登録が必要です。
    (1)業種限定ロボット型検索システム(カテゴリ検索エンジン+ロボット検索エンジン)「Attole(アットル)」
    農産物「Attole」は、全国の農業者、農業関連事業者、農業関連試験研究機関、農業教育機関の中から登録されたすべてのサイトへのロボット型検索(全文検索)が可能です。
    (2)地図連動ロボット型検索システム(カテゴリ検索エンジン+ロボット検索エンジン)「G-Attole(ジーアットル)」
    農産物「G-Attole」は、上記(1)で登録されているサイトのロボット型検索において、すべての検索場所を地図上に表示できる検索システムです。
    検索位置基準を指定し、距離条件で検索が可能なほか、検索された情報までの距離を表示することが可能です。
    (3)カテゴリ検索システム
    農産物・農産物加工品、農産物の販売方法、農業支援サービス、農業支援研究・教育機関のカテゴリ、都道府県カテゴリで検索を可能とするシステムです。
    (4)農業地理情報システム(GIS)「Mapoint」
    農産物の地域地理情報システム(Mapoint)は、上記(3)に登録されたすべてのサイトの位置を、カテゴリ別、都道府県別で位置検索を可能とするシステムです。
    「地理院地図版」(国土交通省国土地理院)、「Google版」(米国Google社)、「Bing版」(米国Microsoft社)、「Yahoo!版」(YahooJapan社)の地図提供システムに対応しています。
    (5)マイページシステム
    消費者等農業応援者や農業者・農業関連事業者・農業支援研究・教育機関等本サイトに登録したすべての方及び趣旨に同意する一般の方が作成できる情報配信システムです。
    ホームページをお持ちでない場合でも、情報発信することが可能です。スライドショーや動画配信も容易に作成できます。
    (6)農産物投稿ニュース、応援口コミ、農業求人情報、クーポン情報等システム
    本サイトユーザー登録者は、農産物投稿ニュース、応援口コミ、農業求人情報、クーポン情報等、システムの活用が可能です。

    ※上記システムは、「農産物.jp」の発信責任者である株式会社つくばマルチメディアが開発したシステムを利用しています。

    <転載、以上>
  • URL 果物ナビ  (2016.06.13   by kugaioffice ) 1users
    [果実] [品種情報] [栽培] [レシピ]
    果物に関する栽培や生産統計など農業関連と食としての情報が掲載されたサイトです。
  • URL JRT日本いも類研究会  (2016.03.27   by kugaioffice ) 1users
    [いも] [じゃがいも] [品種詳細] [研究] [データベース]
    <日本いも類研究会の趣旨>
    1.背景(需給の動向)
    (1) かんしょ及びばれいしょなどのいも類は、消費者の健康志向、自然志向等を背景に安全・自然食品や食物繊維・ビタミン等の健康イメージが若者層にも定着し、青果用及び加工食品用を合わせた「食用」については需要が増加基調で推移しています。
    (2) しかしながら、ばれいしょで約4割、かんしょで2割強を占める「でん粉原料用」については、でん粉需要の減少傾向に加えて、安価な化工でん粉の輸入増加によりばれいしょでん粉固有用途販売が減少しています。また、需要の増加している加工食品用の分野でも、ばれいしょでは米国、カナダ、かんしょでは中国からの冷凍調製品にシェアを奪われ、国産比率は大きく低下するなど厳しい状況にあります。
    (3) 一方、生産面では、北海道では大型機械一貫作業体系が実現されているものの、都府県では機械化が十分でなく、農家の高齢化もあって作付面積、生産量とも減少に歯止めがかからない状況です。

    2.問題意識と趣旨
     このような厳しい状況の中で、いも類の生産・流通・消費の拡大を図るためには、以下のような視点から基本に立ち返って検討を行い、出来ることから実行に移すことが必要です。
    (1) 今後は厳しくなることが予想される世界的な食料需給の動きのなかで、『いも類』の重要性を見直し、国際的な視点を持ちながら、国内生産のあり方を考える必要があるのではないか。
    (2) 流通、消費の問題を解決しなければ生産についても展望はひらけない。国内生産力を維持・増進するためには、最終ユーザーである消費者、実需者、生産者を繋ぐ『輪』を早急に作らなければならないのではないか。
    (3) そのためには、消費者、外食・食品加工産業、市場、生産者、学識経験者などが幅広く連携し、出来る限り自由な立場で意見交換することができるネットワークを構築し、以下の目標に向けて出来るところから実行に移すことが必要ではないか。

    3.必要な行動目標
     このために、日本いも類研究会では以下に列挙した項目の実現に向けて活動を展開します。

    (1) 情報の公開と普及・啓発
    インターネット等を活用して情報を常時、迅速に提供できるシステムの構築
    (Clear-Communication & Competition)
    外食産業、食品加工企業等のユーザーと生産者双方への新品種等のPR
    学校や一般家庭も含めた新品種の栽培試験による「おいもファン」の獲得
    (2) 研究開発と国際協力の支援
    いも類に関する国内の研究者、技術者、普及担当者等の連携強化
    各種の研究会の開催及び支援(成分分析による食味評価手法、育種・種苗増殖技術、難防除病害対策など)
    国際機関、学会等との連携強化(例えば国際熱帯いも類学会などの開催支援)
    (3) 種苗供給の円滑化
    新品種の発表後、速やかに種苗を提供出来るシステムづくり
    効率的、安価な種苗増殖手法の開発と実証
    種苗流通ルートのオープン化
    (4) 需給バランスの回復
    でん粉原料から業務用・加工食品用への転換など需要動向に対応した生産
    品種特性に応じた利用のPR、新商品・新規用途の開発による新たな需要の創造
    消費者の自然・健康志向に対応した『美味しく、安全で、健康的』な商品の提供
    圃場とユーザーを直結した新たな流通システムの導入によるコストの低減
  • URL 公益財団法人 日本豆類協会  (2016.03.21   by kugaioffice ) 1users
    [豆栽培] [豆生産] [豆料理] [協会団体]
    小豆、いんげんまめ等の豆類について、調査研究・試験研究の推進、生産改善技術等の普及及び食品としての優れた特性に関する消費者への啓発を行うことにより、豆類に関する学術の振興、豆を通じた食育の推進及び豆食文化の創造、発展を図り、もって国民経済の発展及び国民の食生活の改善向上に寄与することを目的とし、各種事業を実施している公益財団法人の公式サイト
  • URL 公益社団法人 日本薬学会  (2015.06.16   by kugaioffice ) 1users
    [薬学] [用語解説] [データベース] [] [学会]
    便利な薬学用語解説のデータベースがあります。
  • URL とうきょう特産食材使用店・登録申請制度のサイト  (2015.05.13   by kugaioffice ) 1users
    [東京都] [食育] [店舗情報] [飲食] [料理] [グルメ]
    東京都が地場特産食材の利用推進とPR目的で作った制度とその紹介管理のためのサイトです。

    現在、申請受付は終了しているようです。

    <申請の条件について>

    ●都内(区部及び多摩地域)で営業している飲食店等で、以下の取組みをしていること。
    ●都内産農林水産物を食材としておおむね年間を通じて使用している。
    ●使用している都内産農林水産物の情報を来店者に提供している。
    ●地産地消の推進につながる取組を行っている。
    ●今後もさらに都内産農林水産物の使用をすすめる。
    ●都の食育・地産地消推進の施策等に協力する。

    ◆登録した店舗の責務としては、
    都内産農林水産物を使用店において、料理等に使用し、来店者に積極的に提供する。
    なお、料理を提供できない期間がある場合は、その旨を店頭、メニュー、ホームページ等で明示するなど、 来店者に対して情報提供すること。
    交付された登録証、表示看板等を店頭または店内の見やすいところに掲示し、
    自ら使用店であることをPRする。また、インターネットで店に関する情報を発信する際は、可能な限り使用店であることを明記する。
    メニュー等に使用店のロゴ等を活用し、使用店であることを積極的に記載する。 使用する都内産農林水産物の産地等を可能な限り区市町村名までメニュー又は見やすい場所に掲示し、 来店者に農林水産物やその関連情報を説明できるようにする。

    とのことです。登録すると表示ボードやマークの使用ができるようです。詳細は、公式サイトをご覧ください。
  • URL 雑穀研究会()  (2015.04.13   by kugaioffice ) 1users
    [雑穀] [食文化] [] [研究] [食育] [郷土史]
    <公式サイトより、転載>

    <雑穀研究会の歩み>

    雑穀研究会は1988年に設立されました。雑穀をめぐるあらゆることを研究対象として、農学、植物学、民俗学、人類学、考古学、食物学、郷土史など幅広く学際的な交流を行っています。

    <雑穀研究会の主な活動>
    雑穀シンポジウム・・・年に一度、雑穀栽培地を訪れて開催しています。

    春の勉強会・・・関東と関西の都市部で交互に開催しています。

    会誌「雑穀研究」・・・会員の投稿による出版物です。

    そのほかに、「お知らせ」 において、雑穀関連のさまざまなイベント情報をご紹介していく予定です。


    <雑穀とは> ・・・・『雑穀研究』第1号掲載の記事から

    <このサイトについて>

    雑穀研究会の旧HPは、当時東京学芸大学におられた木俣美樹男元会長によって作成されて以来、東京学芸大学のサーバー内に置かれてきましたが、現在は情報更新を停止しております。
    2014年8月より、雑穀研究会関連の情報を旧サイトから、本サイトに移転させました。
    旧HPにリンクされている方は、今後、こちらのトップページ(http://milletsociety.blogspot.jp)に新たにリンクして下さいますようお願いいたします。

    <転載、以上>
  • URL 公益財団法人 東京都学校給食会  (2015.04.13   by kugaioffice ) 1users
    [東京都] [給食] [学校] [江戸東京野菜] [地場野菜] [レシピ]
    <公式サイトより、転載>

    目的

    東京都学校給食会は、都内の学校教育活動の一環として行われている学校給食の円滑な実施及びその充実発展に努め、学校給食における食育の推進を支援することにより、児童生徒の心身の健全な発達及び広く都民の健全な食生活の実現に寄与することを目的としています。

    学校給食の目標(学校給食法より抜粋)

    1. 適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図ること。
    2. 日常生活における食事について正しい理解を深め、健全な食生活を営むことができる判断力を培い、及び望ましい食習慣を養うこと。
    3. 学校生活を豊かにし、明るい社交性及び協同の精神を養うこと。
    4. 食生活が自然の恩恵の上に成り立つものであることについての理解を深め、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと。
    5. 食生活が食にかかわる人々の様々な活動に支えられていることについての理解を深め、勤労を重んずる態度を養うこと。
    6. 我が国や各地域の優れた伝統的な食文化についての理解を深めること。
    7. 食料の生産、流通及び消費について、正しい理解に導くこと。

    住所・連絡先

    <住所>
    〒113-0021
    東京都文京区本駒込5丁目66番2号

    <連絡先>
    Tel:03-3822-9391、Fax:03-5815-7099


    <転載、以上>
  • URL 国立大学法人 佐賀大学農学部 果樹園芸学研究室  (2015.02.11   by kugaioffice ) 1users
    [大学] [品種研究] [果樹] [柑橘系] [みかん] [佐賀県]
    <公式サイトより、転載>

    はじめに

    ミカン亜科植物は熱帯・亜熱帯の広い地域を原産地とし、33属203種が含まれる(Swingle,1967)。カンキツ類として広く利用されているものは、カンキツ属(Citrus)、キンカン属 (Fortunella)およびカラタチ(Poncirus)の3属であるが、他のミカン亜科植物もそれぞれの地域の生活に密着して利用されています。佐賀大学では、ミカン亜科植物22属50余種を保存しています。また、Citrus属植物に関しては、佐賀大学において野生種と栽培種を含め、1科・2亜科・22属・339種・約700個体を保存しています。佐賀大学で保存するミカン亜科植物遺伝資源は、世界有数の規模です。
     ミカン亜科植物は、原生的な植物から進化をとげてきましたが、多くの属の基本染色体数は2n=18と変異は少ない。しかし、一方では属間、種間の性的独立性が低く、自然界でも属間交雑や種間交雑が繰り返えされ、遺伝的組成が雑駁となり、系統分類を複雑にしています。カンキツ類の系統分類に関しては、いまだに確たるものはなく、生化学的または分子生物学的手法による系統分類が強く望まれています。さらに近年、ミカン亜科植物が含む種々の生体成分の機能や薬効の研究が進み、生理活性物質の供給源としても注目されています。
     ミカン亜科植物の系統保存をモデルとして、他の永年性や木本性植物の遺伝資源保存の充実に寄与したいと思います。

    <転載、以上>
  • URL 草木染め工房 くらむぼんのブログ  (2015.02.03   by kugaioffice ) 1users
    [草木染] [ブログ] [染色教室] [鎌倉] [伊豆大島]
    工房のホームページは、こちら

    <以下、ブログより転載>
    鎌倉・常盤の工房をお借りして、草木染め教室を行っています。
    毎週土曜日13:00〜16:00(月1回ほど不定休あり)

    2005年より伊豆大島と横浜を行き来しながら草木染めをしています。
    染料店で仕入れる植物のほかに、島の生き生きとした草花や実を摘んで、天然素材にこだわった染めをしてきました。
    現在は伊豆大島のほかにも、鎌倉・茨城など、ご縁をいただいた場所で活動。
    土地の植物を使い、暮らしに寄り添ったものづくりをしています。

    手織りインドシルクストールやシルクコットン、シルクウール生地は手触りもやわらかく、植物の生命を感じさせる、あたたかな風合いは身に着ける人をやさしく包み込んでくれます。
    <転載、以上>
  • URL 都市農地センター(財団法人 都市農地活用支援センター)  (2015.01.28   by kugaioffice ) 1users
    [都市農業] [農業支援] [農地] [協会団体]
    <公式サイトより、転載>

    名称:一般財団法人 都市農地活用支援センター

    代表者:石原 孝

    事務所所在地:
    〒101−0032
    東京都千代田区岩本町三丁目9番13号 岩本町寿共同ビル4階
    Tel:03−5823−4830
    Fax:03−5823−4831

    設立年月日:
    平成3年10月8日財団法人として設立(主務省庁:建設省・農水省・国土庁)
    平成25年4月1日一般財団法人に移行

    目的:
    都市農業の振興の取組と連携し、都市農地等(市街地内の農地、その周辺の農地、都市農地と一体をなす屋敷林・樹林地及びその他の農的土地利用がなされている農地以外の土地)の計画的な利用・保全による良好な居住環境を有する宅地の形成、優良な賃貸住宅建設及び都市農地等と宅地が調和したまちづくりを促進するための調査研究、事業支援、居住環境の維持改善、普及啓発等を行い、もって国民の生活の向上に寄与することを目的とする。

    事業:
    都市農地の現況、利用・保全手法、利用・保全計画等に関する調査研究
    農家、農業協同組合、農家によるまちづくり団体、都市住民によるまちづくり団体等による都市農地等を計画的に利用・保全する事業の支援
    農家、農業協同組合、農家によるまちづくり団体等とUR都市機構、地方住宅供給公社等との共同事業等による都市農地等を計画的に利用・保全する事業の支援並びに居住者の利便に供する施設の管理及び維持改善に関する業務
    総合的都市農家経営に関する調査研究及び事業の支援
    都市住民と農家の交流による地域コミュニティの形成等に関する調査研究及びその形成等を促進する事業の支援
    都市農地等の計画的な利用・保全に関する情報提供、研修、図書刊行その他の普及啓発
    都市農地等の計画的な利用・保全に関する相談業務
    第1号から第7号の事業に関連する業務の受託
    その他この法人の目的を達成するために必要な事業

    <転載、以上>
  • URL 日本肥糧株式会社  (2015.01.27   by kugaioffice ) 1users
    [肥料開発] [安全な肥料] [有機肥料] [微生物肥料] [民間企業] [土壌改良]
    当社は、昭和24年設立当初より、天然腐植(木質泥炭)の機能を活用した天然腐植入り肥料(固形肥料)および腐植質土壌改良材の普及、販売に努めてまいりました。現在では、全国各地において水稲用肥料、野菜用肥料、花き用肥料、果樹用肥料、お茶用肥料など、あらゆる作物の栽培に「環境にやさしい肥料」として愛用されています。
     また、「安全安心な作物づくり」の基礎となる「健康な土づくり」に役立つ資材として有用菌である「トリコデルマ菌」や「バチルス菌」を活用した微生物資材の研究開発と普及販売にも取り組んでおります。
  • URL 小金井市食育ホームページ  (2014.12.04   by kugaioffice ) 1users
    [小金井市] [ボランティア] [行政] [食育] [レシピ]
    小金井市の食育情報サイト「Koganei-Style(コガネイスタイル)」は、市が委嘱した市民ボランティアによる食育ホームページ編集委員会が運営しています。<公式サイトより>
  • URL 野口のタネ(野口種苗研究所)  (2014.10.22   by kugaioffice ) 1users
    [固定種] [オンライン販売] [種子] [家庭菜園] [野口]
    家庭菜園用には固定種。自家採種を提唱する野口勲氏の野口種苗研究所の公式サイト
  • URL 東京うど.com(山下農園・立川)  (2014.09.20   by kugaioffice ) 1users
    [江戸東京野菜] [独活] [立川] [生産者]
    東京うど.com 山下農園
    所在地:東京都立川市上砂町4-1-6
    TEL080-2056-8430
    代表者:山下明
  • URL 一般社団法人 農山漁村文化協会(農文協)  (2014.07.10   by kugaioffice ) 1users
    [協会団体] [農業] [漁業] [林業] [地域]
    組織概要と連絡先

    名称:一般社団法人 農山漁村文化協会
    所在地:〒107-8668 東京都港区赤坂7-6-1
    TEL.03-3585-1141(代表) FAX.03-3589-1387

    自然と人間が調和する21世紀へ

    近代化は、あらゆる場面で生産効率を高め便利な生活をもたらしましたが、自然と人間の関係を敵対的なものに変えてしまいました。農文協は、農と食・健康・教育を軸心として「いのちの流れ」を呼びおこし、都市と農村の関係を変え、自然と人間の調和した社会を形成することをめざして、総合的活動を展開する文化団体です。
  • URL さいさい京野菜倶楽部  (2014.05.31   by kugaioffice ) 1users
    [京都] [伝統野菜] [販売] [レシピ]
    サイト運営管理は、公益社団法人 京のふるさと産品協会。同協会は、京都府と府内の全市町村、農林漁業団体が共同で運営をする法人です。
    <法人概要>
    ・京都産の農林水産物をブランド認証し、市場や消費者へPRすること
    ・安心・安全なブランド産品を提供すること
    ・食文化の継承発展に寄与すること
    ・生産者の経営安定を図り、消費者の豊かな食生活を支えること
    など、京都の農林水産業を生産から消費まで多面的に応援。
  • URL みんなの農業広場  (2014.05.31   by kugaioffice ) 1users
    [品種改良] [農業支援] [品種情報] [栽培方法]
    一般社団法人 全国農業改良普及支援協会と株式会社クボタが提供している農業関連情報サイト
  • URL フードボイス(食業界動画ニュース)  (2014.02.01   by KKousaka ) 1users
    [ニュース] [食業界] [動画] [食品製造] [食育]
    インターネットジャーナル株式会社が配信。最新の食情報を動画報道する「フードボイス」
  • URL 東京都産業労働局農林水産部  (2013.04.21   by KKousaka ) 1users
    [東京都] [学童農園] [東京都地域特産品] [食育] [市民農園] [特産材]
    東京都の農林水産部の公式サイト