トップ  >  植物利用方別研究  >  食用植物研究  >  食用植物史総論  >  野菜の文化  >  風土区分:日本  >  「菜」について考える:漢字、概念を学ぶ
【菜(さい、ナ)】

<Wikipediaより、転載>

おかず(御数、御菜)とは、食事の際の献立のなかで主食に付け合せて食べる料理を幅広く指すものである。

概論

おかずとは、副食や惣菜のこと。もとは女房言葉で、「数を取り揃える」の意からこう呼ばれるようになった。安土桃山時代に宣教師の日本語の記録に記載があり、日葡辞書に載っている。 江戸末期には、口語としては庶民にまで一般的に使われるようになった。

<転載、以上>

白川静氏の「字統」で調べると以下のようになっています。

また、まな板の語源を調べると、以下のようで、マナ=真魚、一番上等なナ、副菜という意味を魚がもっていたことが解ります。俎という漢字は、読みに後から充てられたもののようです。

<語源辞典より、以下に転載>

まな板の「まな」は魚の「真魚」のことで、もともとは魚を切るときに使う板をさした。古くは、魚も野菜も食材は、「な」と呼ばれていたため、それを区別するために、接頭語「真」が付けられたのが「真魚」である。
漢字の「俎板」の「俎」は中国語からの拝借で、魚や肉を積み重ね料理する台のこと。古代中国では、供物を積み重ねて載せる台を「俎」と書いた。

<転載、以上>
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:9 平均点:5.56
カテゴリートップ
風土区分:日本
次
「菜」について考える:その2 「ナ」が付いた古代より、採集した野生植物の存在