キウイフルーツ()とは

【植物としてのキウイフルーツについて】

本サイトの提携サイト「桜草数寄」にある花・樹木研究の品種別ガイドにあるこちらのカテゴリーをご覧ください。

【作物としてのキウイフルーツ】

<果物ナビにあるこちらのコーナーから以下に情報を以下に転載します>

【果実としての概要】
ビタミンCが豊富でさわやかな甘酸っぱさが人気のキウイフルーツ。果肉が緑色のグリーンキウイと、果肉が黄色のゴールドキウイが大半を占めますが、果肉に赤みがさすものや、小さなベビーキウイなどもあります。国内では一年中出回っていて、4月〜12月頃には外国産、12月〜4月頃は国内産のキウイフルーツが店頭に並びます。日本で流通している輸入キウイフルーツの多くはニュージーランドで作られたものです。

【果実としての歴史】
キウイフルーツの原産は中国の南部で、別名「チャイニーズ・グーズベリー」ともいいます。中国ではかなり昔から存在していましたが、栽培はほとんど行われていなかったようです。そして1904年に中国を訪れた女性旅行者によってキウイフルーツの種がニュージーランドに持ち込まれ、農夫達により品種改良されて現在のキウイフルーツの原種が誕生しました。

その後50年ほどでニュージーランドのキウイフルーツは生産量が安定し、輸出されるまでになりました。その際、外国にアピールするため「チャイニーズ・グーズベリー」を改め「キウイフルーツ」と命名。名前の由来はニュージーランドの国鳥「キウイバード」から来ているともいわれていますが、定かではありません。なお日本に登場したのは1960年代で、日本でも比較的栽培しやすいことから国内でも生産されるようになりました。

【保存方法】
かたくて未熟なキウイフルーツは常温で追熟させる必要があります。乾燥を防ぐためポリ袋に入れて(密封はしません)、20度前後の部屋に置いておきます。その際、りんごと一緒に袋に入れると早くやわらかくなります。指で軽く押して弾力を感じれば食べ頃。熟したキウイフルーツは冷蔵庫で2〜3時間冷やすとよりおいしく食べられます。

なお完熟のキウイフルーツは果肉がエメラルドグリーンをしていますが、食べ頃を過ぎると果肉が変色するので注意してください。

イラストはキウイフルーツの糖度分布です。キウイフルーツは枝に付いていた部分よりお尻(果頂部)のほうが少し甘味が強くなる傾向にあります。

【栄養成分と効能】

□おもな栄養成分(可食部100g中)

ビタミンC(69mg)、カリウム(290mg)、食物繊維総量(2.5g)

<注目成分>

アクチニジン

□期待される効能

風邪予防、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、がん予防、便秘改善、美容効果

キウイフルーツはビタミンCが多いので風邪予防に効果的です。カリウムも多く含んでいるので高血圧や動脈硬化の予防効果が期待できるでしょう。また、がんの要因となる変異原生を抑える効果もあり、がん予防にも期待されています。

食物繊維量も多く含むので便秘改善にも有効。豊富に含まれるビタミンCとの相乗効果で美容効果もあります。

キウイフルーツに含まれている「アクチニジン」は、肉をやわらかくするタンパク質分解酵素で、消化を促進する効果があります。

<転載、以上>
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:9 平均点:4.44
前
世界と国内の生産、収穫量(品種別)、輸入量、輸出量
カテゴリートップ
キウイフルーツ研究